企画展「縄文ムラの原風景」展(千葉会場)

更新日:2021年06月04日

令和3年(2021年)の世界文化遺産登録を目指している岩手県一戸町の御所野遺跡は、800年間という長期にわたり縄文人が暮らしを営んだ縄文時代のムラの跡です。

縄文人は御所野の地でどのように暮らしていたのでしょうか。

千葉市生涯学習センターで開催される本展では、縄文人の活動によって残された情報とともに、自然の営みとして大地に残された記録から、豊かな自然とともに生きた縄文人の生活と文化について、パネル展示でご紹介します。

会期・開館時間・入館料

会期 令和3年5月18日(火曜日)から令和3年6月27日(日曜日)

休館日 5月24日(月曜日)(注意)5月31日(月曜日)、6月14日(月曜日)は展示入れ替えのため、展示はご覧いただけません。

開館時間 午前9時から午後9時

観覧料 無料

会場

千葉市生涯学習センター 2階ホール(千葉市中央区弁天3丁目7番7号)

電話 043-207-5811 ファクス 043-207-5812

  • JR千葉駅「中央改札」を降りて、「千葉公園口」から徒歩8分
  • JR千葉駅「西改札」を降りて、「北口」から徒歩10分
  • 千葉モノレール「千葉公園駅」から徒歩5分

主催・主管・後援

主催 岩手県、岩手県教育委員会、千葉市教育委員会、一戸町、一戸町教育委員会

主管 御所野縄文博物館、千葉市加曽利貝塚博物館

後援 縄文遺跡群世界遺産登録推進本部

関連企画

関連企画
日時 イベント名
5月18日(火曜日)から6月27日(日曜日) パネル展「北海道・北東北の縄文遺跡群」
6月6日(日曜日)

講演会「縄文の原風景―縄文遺跡群の世界遺産登録について」

「御所野遺跡と珪化木」

会場:千葉市生涯学習センター

5月18日(火曜日)

6月15日(火曜日)

ギャラリートーク(展示解説)

その他

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、会期、開館時間、関連企画については、変更する場合がございますので、最新の情報については千葉市生涯学習センター(043-207-5811)までお問い合わせください。