御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 御所野遺跡の紹介
  3. 御所野遺跡とは
  4. 御所野遺跡の概要

御所野遺跡の概要

指定面積   76,906平方メートル
指定年月日   1993年12月21日
追加指定   2006年 7月28日
       2014年 3月18日

 縄文時代中期後半(4000~4500年前)の拠点集落跡です。東西に長い台地と東側の丘陵地に住居跡などが分布しており、500年間という長期に定住した集落跡と考えられています。遺跡は東北北部から道南の円筒土器文化圏内の遺跡で、その東南端に位置することからより南の大木式土器文化圏からの影響を強く受けています。大木式土器が出土するとともに、中央部に環状集落が作られ、北側の削られた場所に墓と配石遺構群、土が盛られた南側は送りの場となります。このように集落のなかに墓をつくり、周辺の自然と一体となって長期に続いた定住集落、これが御所野遺跡です。


サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめ ご了承ください。