御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 最新情報

最新情報

ごしょの縄文里山まつり開催

  • 2011/10/09

秋色に染まり始めた縄文公園で10月9日に「ごしょの縄文里山まつり」が開催され、親子連れで賑わいました。

ドングリを使ったしだみ団子づくりや槍投げ・弓矢コンテスト(賞品あり♪)、火おこし・石斧体験、植樹体験、ステージ発表、フリーマーケットなど盛りだくさんの内容で行われました。

弓矢コンテストでは、真剣な表情で的を狙う子供たちの姿が見られ、ステージ発表では、中山神楽保存会と一戸民謡保存会が出演し、爽やかな秋空の下、素敵な演技に観客は笑顔で鑑賞していました。

頑張って的に当てよう! どのくらい遠くに跳ばせるかな?^^ お団子コネコネ♪*^^* 中山神楽保存会による演技です 一戸民謡保存会のみなさん もう少しで倒れそう!^o^

平成23年度企画展関連事業講演会「ゴミに感謝した縄文人」開催

  • 2011/10/08

10月8日に平成23年度企画展関連事業講演会「ゴミに感謝した縄文人」が開催され、奈良文化財研究所名誉研究員の岡村道雄氏を講師に迎え、約40名の参加の中行われました。

縄文時代、縄文人は全てのものに生命が宿ると考え、単にゴミをゴミとして捨てるのではなく、感謝の気持ちを込め、人や動物の埋葬と共に、盛り土遺構や貝塚などの捨て場から送られていた、と解説。
その後は当館館長を交えながら、現代のゴミ問題について当時の縄文人の暮らしから学ぶべき知恵があるのではないか、など語り合い、来場した聴講者達は熱心に耳を傾けていました。

講師 岡村道雄氏 皆さん真剣にお話を聴いていました

手づくり体験「縄文太鼓づくり」第2回目

  • 2011/09/25

9月25日に手づくり体験「縄文太鼓づくり」の第2回目が行われました。

今回は前回製作した土器を野焼きし、革張りをして完成となります。午前中は講師の菊地逸夫さんから説明を聞きながら、革を柔らかくするために水につけ、その後野焼きを行います。
焼き上がるのを待っている間に革を固定するための棒を作ります。 そして午後からはいよいよ革張りです。
土器の8箇所に空けた穴に棒を通し、周りを紐で結んで固定します。これで完成です。
しかしこの状態ではまだ革が柔らかくふにゃふにゃしているので、叩いても音は出ません。太鼓の音が聴けるのは2日程乾燥させてからのお楽しみになります♪

参加者の皆さんは嬉しそうに自分の作った太鼓を抱えて帰って行かれました^^

野焼き真っ最中! さあ革を張ります! 紐を巻いて固定します 色々な大きさ、模様の太鼓が出来ました★

手づくり体験「小指組紐」

  • 2011/09/24

9月24日に手づくり体験「小指組紐」が行われ、クテ打組紐技法研究会より小村眞理さんと角浦節子さんのお二人に講師に来て頂きました。

今回は全部で9種類の編み方を教わり、午前中に練習をしてから、午後はそれぞれの好きな色の糸と編み方でミサンガを作りました。

参加者の皆さんは試行錯誤しながらも集中して、自分だけの作品を作っていました。

お二人から説明して頂きます 18名の方に参加して頂きました 様々な編み方があります ミサンガの完成*^^*

平成23年度企画展「ゴミに感謝した縄文人」開催中

  • 2011/09/18

9月17日~10月16日まで、平成23年度企画展「ゴミに感謝した縄文人」を開催中です。

ゴミを単にいらないものとして捨てるのではなく、感謝の気持ちを込めて捨てていた縄文人のゴミ処理方法について紹介しています。
17日にはオープニングセレモニーが行われ、テープカットを行いました。その後学芸員による展示説明があり、熱心に説明を聞く入場者の姿が見られました。
10月8日には企画展関連事業として、奈良文化財研究所 名誉研究員の岡村道雄氏を講師に迎え、講演会を開催いたします。

講演会終了後には当館館長と岡村氏による座談会も開催いたしますので、ぜひ皆様のお越しを お待ちしております。

企画展を開催します 中村学芸員による展示説明です 展示会場の様子です 廃棄された竪穴住居跡

第2回「御所野神楽公演」開催

  • 2011/09/18

しとしとと雨の降るなか、9月18日に第2回 御所野神楽公演が行われました。

出演団体は田中新山社神楽保存会と女鹿神楽保存会の2団体。演目は田中新山社神楽が「舞込み」「鳥舞」「虎ノ口」「権現 舞」、女鹿神楽が「若子舞」を披露しました。
あいにくの雨模様にも係わらず計52名の方にお越し頂き大盛況のうちに終了しました。

次回は10月9日「ごしょの縄文里山まつり」にて中山神楽公演を予定しています。

雨の中、お越し頂きありがとうございます 田中新山社神楽「鳥舞」 女鹿神楽「若子舞」 田中新山社神楽「虎ノ口」

手づくり体験「縄文太鼓づくり」第1回目

  • 2011/08/07

8月7日に手づくり体験「縄文太鼓づくり」が行われ、16名の参加がありました。

講師には土器づくりの名人、菊地逸夫さんを迎え、本格的に指導して頂きました。
太鼓づくりは、基本的には土器づくりと同じ手順で、まず初めに土台を作ってから、周りを固めていきます。
形づくりが終わったあとは、側面にそれぞれ自分 の好みの模様をつけていき、最後に太鼓の革を張る為の穴を8ヶ所に空けます。

今回は皆さん和気あいあいと、談笑を交えながら作業されていてとても楽しそう でした。
次回は約1か月乾燥させてから野焼きをし、革張りをすれば縄文太鼓の完成となります。

16名の方に参加して頂きました 皆さん集中して形を作っています…! 様々な模様の太鼓ができそうです 完成が楽しみですね♪*^^* 

ワイワイ夏休みこども体験「工作をつくろう!」

  • 2011/08/07

8月7日に夏休みこども体験第4弾「工作をつくろう!」が行われ、竹で作るカタツムリ20名、木で作るふくろう7名の参加がありました。

講師は、竹で作るカタツムリが中村昭一さん、木で作るふくろうは相馬伸吉さんより指導して頂きました。
カタツムリ作りは竹を切るのが大変のようでしたが、ボランティアスタッフや付添いの親御さん達に手伝って貰って、楽しく作製していました。
ふくろう作りの方は輪切りにした木の、どこにふくろうの目を描くかで悩んでいたようでした。
作り終わったあとはみんな嬉しそうに自分の作った作品を持って帰っていきました。夏休みの自由研究にする子も多いのでは?^^

今回でこども体験は終了ですが、博物館ではいつでもできる縄文体験を行っていますので、ぜひまた遊びに来て下さいね♪

工作づくりスタート!^^ 竹を切ったり、木の断面をなめらかにしたり… 講師の先生が作った見本品。かわいい♪^^ 「こうやって描くんだよ」  完成したカタツムリを持ってパチリ★ みんな上手にできました*^^*

ワイワイ夏休みこども体験「森であそぼう!」

  • 2011/08/03

8月3日に夏休みこども体験第3弾「森であそぼう!」が行われ、30名の参加がありました。

講師に高橋正一さんを迎え、まず初めは「植物をさがそう!」。あらかじめ用意されたファイルに挟んである植物の葉(15種類)を見て、同じ形のものを公園内でさがします。
続いて「ロープ結びを覚えよう!」。結びやすくほどけにくいなど、震災に役立つ3種類ほどの結び方を学習しました。
最後に「ロープで遊ぼう!」。木に吊るしたロープと滑車で上り下りしたり、横にロープを伝い這っていったりしながら、遊びました。

あっという間に終了時間となり、こども達はまだまだ遊んでいたい様子でした。

同じ葉っぱをさがそう! これは何の葉っぱかな?? 結び方を覚えましょう! ロープを伝って上り下り^^

ワイワイ夏休みこども体験「虫をさがそう!」

  • 2011/07/31

7月31日に夏休みこども体験第2弾「虫をさがそう!」が行われ、26名の参加がありました。

まず館内で講師の三角義彦さんから説明を聞いたあとに、公園内に虫をさがしに行きます。
この日は時間帯も丁度良く、なんとセミが羽化する瞬間を見ること ができました!殻を破って出てきたばかりのセミはまだ緑色をしていて、これにはこども達も大興奮!食い入るように観察していました。

他にもセミの抜け殻を沢山見つけたり、色々な昆虫を観察しながら日が暮れるまで園内での虫さがしを楽しみました。

講師・三角さんより説明を受けます セミの羽化する瞬間です じっくり観察…! 何種類の虫をさがせたかな?^^


サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめ ご了承ください。