御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 最新情報

最新情報

北海道教育大学札幌校の皆さんがいらっしゃいました

  • 2015/10/07

  10月1日~6日に北海道教育大学札幌校の学生4名が

フィールドワークのため、ここ御所野を訪れました。

 

この6日間で博物館や遺跡の見学、縄文体験に一戸町の文化財巡り、さらに公園の清掃活動なども行いました。

 

10月3日にはボランティア団体の一つである「御所野遺跡を支える会」の皆さんと学生の皆さんとで

交流会が行われました。

 

ガイドの皆さんの思いや、ガイドをやっている中での出来事など

色々なお話を伺うことができたようです。

 DSC_0048 DSC_0057

DSC_0051

 

 

学生の皆さん、大変お疲れ様でした!

ぜひまたいらしてくださいね!

 

ツーリズムEXPOに参加しました!

  • 2015/10/04

9月26日(土)・27日(日)に東京ビッグサイトで開催された「ツーリズムEXPOジャパン2015」に

御所野縄文博物館も参加いたしました。

当日は日本のみならず世界各国の出展者が集まり、

それぞれの地域をPRしていました。

そんな中、当博物館スタッフも負けじと御所野遺跡をPRしてきましたよ!

 

今回博物館のブースでは「クルミの樹皮でつくるストラップ」の体験を行いました。

細くしたクルミの樹皮を編んでストラップを作るという内容です。

 IMGP4262.jpg正方形

↑出来上がりはこのようになります

 

2日間ともたくさんの方が体験してくださいました!!

IMG_4159 IMG_4157

ちなみに、こちらの体験は博物館でいつでも体験できます(^^)

 

今回のイベントで

多くの方に御所野遺跡、博物館を知っていただけたのではないかと思います。

 

お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!

 

9月の公園の様子

  • 2015/09/26

大変遅くなりましたが、9月の公園の様子をお届けいたします!

 

●アキグミ                 ●クリ

アキグミ3  クリ4

●クルミ                  ●コナラ

クルミ1  コナラ1

●コブシ                  ●トチ

コブシ3  トチ4

●ニシキギ                 ●ヤマボウシ

ニシキギ1  ヤマボウシ4

 

 

御所野縄文公園で〝秋″を感じてみてはいかがでしょうか?

「木を植えよう」のその後…

  • 2015/09/26

今年の5月4日に行われた、植樹イベント「木を植えよう」では

参加者の皆さんに約100本の木を植えていただきました。

植えてから4か月ほど経ち、参加者の皆さんは

木の様子が気になっているころだと思います。

 

9月10日に撮影した時の様子がコチラです!

 木を植えよう1

 木を植えよう3 木を植えよう5

 

皆さんが丁寧に愛情を込めて植えてくださった甲斐があり、

順調に育っております。

 

参加された皆さん、ぜひ見に来てくださいね(^^)

 

現在 竪穴住居修理中です!

  • 2015/09/13

現在、御所野縄文公園にある復元した竪穴住居等の修理作業を行っています。

最初の復元から10年以上が経過した建物は傷みが激しいため修理を行っています。

DSC_8962 竪穴修理2

(左:樹皮葺きの竪穴住居の修理の様子    右:掘立柱建物の修理の様子)


 この修理はただのリフォームではありません。建物の傷み具合の記録をとったり、

発掘調査時の記録を見直したりして、より実証的な建物の復元を行っています。


 復元してそれで終わり!というわけではなく

復元してからの日々の記録や今回の修理作業を通して「よりリアルな縄文人の生活」に迫る試みを行っています。

 

 

シナノキまるごと体験 第2回終了!

  • 2015/09/10

9月6日(日)に、シナノキまるごと体験の第2回が終了しました。

この体験は全4回行われ、

シナノキの繊維でティーマットを編みます!

 

第1回ではシナノキの樹皮を剥ぎ、

水に漬ける作業を行いました。

IMGP4128IMGP4145

 

そして第2回では水に漬けていた樹皮から内皮(繊維)を取り、

その繊維を水で洗い、干すところまで行いました。

 

DSC_8986

皆さんの漬けていた樹皮は水によく浸かっていたためか

とてもきれいに剥ぐことができました。

 DSC_9002

樹皮から剥いだ後の繊維は「のり成分」のようなものがあり

洗わないと繊維同士がくっついてきれいに割けないので

ここできれいに洗い流します。

 DSC_9007

そして干して乾かします!!

第2回はここまで!

 

第3・4回ではついに編みの作業に入ります。

オリジナルティーマット完成までもうひと踏ん張りです!!

神楽公開開催しました

  • 2015/06/27

 621日に、旧朴舘家住宅で神楽公開を開催しました。

旧朴舘家住宅は県内でも最大級の古民家で、国指定重要文化財に指定されています。

 

12回目となる今年の神楽公開は、高屋敷神楽保存会と女鹿神楽保存会の2団体が出演し、

日ごろの成果を披露しました。

高屋敷神楽は一戸の山伏・三明院の流れをくむ神楽で岩手県指定民俗無形文化財に指定されています。

今回披露した演目は『権現舞』『三番叟』『山の神』の3つ。

 

特に『権現舞』は道化役が権現様の背に乗る「乗り権現」という珍しい権現舞で、

高屋敷神楽の数ある演目の中でもとりわけ人気のある演目です。

 

女鹿神楽は一戸町女鹿地区に伝わる神楽です。

今回披露したのは『虎ノ口』と『三番叟』の2演目。

『虎ノ口』は勇猛にキレよく踊る「乱破(らっぱ)舞」のひとつで、神楽を教わる際に最初に手ほどきされる演目です。

今回は小学校低学年と4才の子どもたちが披露してくれました。

高屋敷神楽 舞込み     女鹿神楽 三番叟

↑高屋敷神楽 舞込み               ↑女鹿神楽 三番叟

 

 

重厚な古民家で披露される神楽は迫力満点。観客の皆さんも踊り手に見入っていました。。。

 

グッズ紹介 「文様絵はがき」

  • 2015/06/24

突然ではございますが、ミュージアムショップで販売されているグッズを紹介したいと思います。

 

今回は、カタライズデザインさんに製作していただいた

「絵はがき~文様シリーズ~」をご紹介いたします。

top用 はがき

…とても素敵な絵はがきですよね。

こちらは昨年、博物館のリニューアルオープンを機に

新しく作った絵はがきです。

素材やデザインにもこだわって作りました。。。

 

ではでは、さらに1枚ずつ詳しく紹介していきたいと思います。

 

------------------------------

 はがき1

↑縄文時代中期 深鉢形土器の文様

 ●岩手県一戸町御所野遺跡出土 (2色)

 

はがき2

↑縄文時代中期 深鉢形土器の文様

 ●岩手県一戸町御所野遺跡出土

 

はがき3

↑縄文時代晩期 重要文化財壷形土器の文様

 ●岩手県一戸町蒔前遺跡出土

------------------------------

 写真では少し分かりにくいですが、文様部分はぷっくりと浮き上がっている加工がされています。

見て、触って面白い絵はがきです。

 

どの文様も、博物館に展示してある土器の文様です。

この記事を読まれた方は、どの土器なのか博物館でぜひチェックしてみてください(^^)

 

○絵はがき 1枚120円

○グリーティングカード 1組200円

公園で「チャリティ・ヨーガ」が開催されました

  • 2015/06/21

6月21日(日)、御所野縄文公園内で「チャリティ・ヨーガ」が開催されました。

 

そもそも6月21日は国連総会で「国際ヨガの日」に制定されており、

それを記念して今回のイベントが行われました。

 

お天気にも恵まれ、 早朝から多くの方が参加されました。

 

 IMGP4047

 無題

 

鳥のさえずりをBGMに、心も身体もリフレッシュできたのではないでしょうか・・・。

 

「樹皮でつくる一輪挿し」開催しました

  • 2015/05/31

「樹皮でつくる一輪挿し」を開催しました。

DSC_0022

クルミの木から樹皮を剥ぎ取り、一輪挿しを作っていきました。春の雪解け水や雨をたっぷりと吸ったクルミの木は、水を含んで樹皮が剥ぎやすく、加工に最適です。

クルミの樹皮 1 クルミの樹皮 2

 まずはカッターナイフでクルミの木に切れ目を入れて樹皮を剥いでいきます。へらを使いながらスルスルと剥いでいきます。

クルミの樹皮 3

剥いだ樹皮を水洗いして表面のコケを落としていきます。自然の風合いを活かしたい人はそのままで。

クルミの樹皮 4 クルミの樹皮 5

今度は樹皮を適当な大きさにカットして、折り曲げていきます。樹皮は乾燥するとクルンと丸まってしまうので、そのあたりを頭に入れつつ折り曲げます。

クルミの樹皮 6 クルミの樹皮 7

折り曲げておおよその形を作ったら、穴をあけてクルミの樹皮を細く切ったものを通して綴り合わせます。

クルミの樹皮 8

出来上がりは白っぽいですが、時間がたつにつれて黒っぽくなり、風合いが出てきます。

今年は雨が少なかったせいか、樹皮が若干固く折り曲げるのに少し手こずっていたようですが、皆さん楽しそうに作業されていました。


サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめ ご了承ください。