御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 最新情報

最新情報

第37回一戸町郷土芸能祭開催しました

  • 2014/11/24

町内の郷土芸能団体が日ごろの成果を披露する一戸町郷土芸能祭が開催されました。今回の郷土芸能祭には町内の民俗芸能保存団体6団体が出演、招待芸能として岩手町の川口神楽保存会皆さんによる神楽が披露されました。

web 2

最初の演目は「権現舞」(高屋敷神楽保存会)。まず最初に権現さまに神様をおろして遊ばせます。神様をおろした後に、神様を喜ばせる余興として様々な演目を披露します。

web5

中山神楽保存会による「三本剣」です。三本の剣を巧みに操りアクロバティックに、勇壮に舞います。

web 1

今回の招待芸能、川口神楽保存会(岩手町)による三番叟です。「三番叟」といえば能楽の「式三番」のひとつで狂言方が踊る五穀豊穣を言祝ぐ舞として知られていますが、神楽においても「鳥舞」や「翁」とともに「式舞」のひとつに数えられ、体を反らせたりばったり倒れたりするなどして滑稽に踊ります。

第37回一戸町郷土芸能祭演目(演目順)
1. 権現舞(高屋敷神楽保存会)
2. 虎ノ口(中山神楽保存会)
3. 翁(高屋敷神楽保存会)
(4~10わわわのステージ)
11. 八串舞(中山神楽保存会)
12. 三番叟(高屋敷神楽保存会)
13. 根反鹿踊り(根反鹿踊り保存会)
14. 三本剣(中山神楽保存会)
15. 〈招待芸能〉三番叟(川口神楽保存会)
16. 三番叟(小友神楽保存会)
17. 不尊荒神(田中新山社神楽保存会)
18. 小鳥谷七ツ踊り(小鳥谷七ツ踊り保存会)
19. 盆舞(小友神楽保存会)

限定メニュー「藍染めカレンダーづくり」土日コース開催しました。

  • 2014/11/16

限定メニュー「藍染めカレンダーづくり」土日コースを開催しました。
1日目は、型紙を好きな図柄に彫りこみ、布に糊置きするところまでを行います。

twitter 1

洋型紙にナイフで文様を彫り抜いていきます。来年の干支「未」の文字や図柄、報告書『いちのへの型紙』に収録されている模様を参考に彫り抜きます。中には切り絵の方もいらっしゃいました。

twitter 2

次に布の上に型紙を載せて糊置きしていきます。藍で染めたとき糊の部分だけ染まることなく、白く浮き上がります。糊置きした布を乾かせば、いよいよ藍染めの作業に入ります。


2日目は、乾かした布を藍で染めていきます。

DSC_5234

藍の染色液です。この中に布を浸して染めていきます。

DSC_5262

ザブザブと数回浸します。

twitter

浸した後、水で余分な染色液を落としていきます。この時に糊が落ち、文様が白く浮かび上がります。また、水で洗うことで藍色が冴えてきます。

twitter 3

乾かした後、カレンダーの台紙に貼り付けて完成です。
皆さん、楽しそうに作業していらっしゃいました。中には毎年参加されていて、あと少しで十二支すべてコンプリートです、という方もいらっしゃいました。

参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
平日コースはまだ3名ほど空きがございますので、参加ご希望の方は、FAXなどで博物館までお申し込みください。

秋のクリーンデー開催しました

  • 2014/11/11

毎年の恒例行事となった「御所野縄文公園秋のクリーンデー」が11月8日(土)に開催されました。町内会や子ども会、高校の生徒さん達、一般の方々と御所野縄文公園に集まった200名のボランティアさんたちが、落ち葉の積もった公園をきれいにしてくれました。
遺跡公園の清掃活動で200人集まることは全国的に見ても大変珍しいことではないでしょうか。

クリーン 1

9:00。公園のあちこちに散らばって清掃を開始。皆さん、竹ぼうきやレーキを手に落ち葉を集めます。中には小さい子どもさんも一生懸命レーキで落ち葉を集めていました。

クリーン 2

普段はあまり人も通ることのない中央トイレ下の通路もきれいに。ここも見違えるほどきれいになりました。

クリーン 7

今年は、ドングリもトチも豊作でしたが、落ち葉のほうも豊作でした。

クリーン 4

そして、クリーンデーの陰の主役「御所野発掘友の会」の皆さんはお昼の支度を進めています。食材・食器の手配から、調理まで100人を超えるボランティアさんたちの昼食を準備しています。クリーンデーを陰で支える心強いメンバーです。

クリーン 5

今回のクリーンデーの昼食です。山菜栗ごはん、豚汁、お漬物、へっちょこだんごの4品。
ご飯の栗は御所野で採れた栗を使用しています。

クリーン 6

秋晴れの下で昼食です。皆さん、ありがとうございました!お疲れ様でした!

シンポジウム「縄文人のくらしと火」開催しました

  • 2014/11/05

11月1日、縄文遺跡群登録推進シンポジウム 現代へのメッセージ「縄文人のくらしと火」を開催しました。

基調講演には奈良文化財研究所名誉研究員にして「杉並の縄文人」岡村道雄さんが登壇。縄文人のくらしと火の関わり、アイヌや日本人との火の関わりについて講演しました。
火きりぎねと火きりうすを使った火おこしの方法のほか、地面に浅く穴を掘って水を張り、火で焼いた石を投げ込んで沸騰させたり、肉や魚を蒸し焼きにする方法などの事例を挙げて、原始の昔にどのように火を使っていたかやアイヌや日本人の火にまつわる民俗を紹介しました。

シンポ 1

発表では4人の専門家が登壇しました。
一人目は当館の高田和徳館長。御所野遺跡で見つかった焼けた住居跡のほか、中央の盛土遺構付近で骨や植物の種子を燃やして砕き、地面に埋めたものが見つかっており、いわゆる「送りの儀礼」が御所野ムラで行われていたのではないかと指摘しました。

シンポ 2

二人目は北海道教育大学の百瀬響さん。百瀬さんはアイヌ文化を専門に研究している文化人類学者で、アイヌの人々がどのように火を利用し火に対してどのような文化を伝承しているか説明しました。アイヌは日本人と同じ縄文人を祖先とする人々で、そのアイヌの文化には「カシオマンテ」という家送りの儀礼があります。死者のために家を燃やしてあの世に送るという習慣です。百瀬さんはこのカシオマンテも送りの儀礼の一種と考えることができると指摘しました。
アイヌの人々にとって火とはくらしを守る神様であり、魔から守ってくれる存在であると解説しました。

シンポ 3

三人目は北海道大学の丹菊逸治さん。丹菊さんはサハリンから間宮海峡の大陸側に住んでいるニヴフ文化を専門に研究しており、今回の発表もニヴフの伝統文化に焦点を当てて発表しました。
ニヴフの人々は火に対してあまり良いイメージを持っていないらしく、猟に出る前に獲物の話をすると火の神が動物たちに告げ口をするため獲物が取れなくなるとか、山の中で火を焚くと火の中から化け物が出てくるといった話が伝わっているそうです。それでも、火を焚く炉は家の中心にあり、火がニヴフにとって重要な役割を担っていたのがうかがえます。

シンポ 4

最後は宮城県教育委員会の笠原信男さん。笠原さんは民俗学を専門としており、囲炉裏の役割、火にまつわる伝承や神話を紹介しました。イザナミノミコトの火の神出産や出雲大社における火の重要性、ケガレは火を媒介して感染するという伝承を紹介しつつ、火は異界からやってきたもの、囲炉裏の火は調理や照明、暖房や乾燥など様々に用いられた重要なものであったと解説しました。

シンポ 5

シンポジウムでは岡村さんをコーディネーターに発表した四人の専門家が意見を交わしました。
御所野遺跡で見つかった焼失住居とアイヌの風習について、煮炊きの問題、家の外で調理をするのか中で料理をするのかといったことを中心に議論を展開しました。

シンポ ディスカッション 1

シンポジウムの合間には、根反鹿踊り保存会(岩手県無形民俗文化財)の皆さんが勇壮な舞を披露。

シンポ 鹿踊り

そして最後には太鼓芸能集団の鼓童の皆さんが、唄あり踊りありのダイナミックな演奏を披露してくれました。

鼓童

「ツーリズムEXPOジャパン2014」に参加してきました

  • 2014/10/26

先日9月27日(土)と28日(日)、東京ビックサイトで行われた「ツーリズムEXPOジャパン2014」に参加してきました。
当館は久慈市の久慈琥珀博物館さんと一緒に、岩手県ブースのゲストとして参加。
当遺跡のPRと、出前体験をさせていただきました。
会場には日本各地、世界各国からの1500あまりの出展ブースが参加し、15万人以上の来場者で
会場はにぎわいました。

IMG_2902

岩手県ブースの前では海女さんの衣装体験で盛り上がりました。

IMG_2958

こちらが当館の体験コーナー。
大人から子供まで、夢中で取り組んでいただきました。

IMG_2944

IMG_2948

今回はシナの繊維でつくるスチラップと、組みひもでづくるブレスレットの2種類を
出前体験。どちらもとても好評で、体験の方々が、途切れませんでした。

DSC_3020←シナノキの繊維でつくるストラップ

組ひも (6)←組みひもでつくるブレスレット

コチラの体験は博物館で毎日体験できる「いつでもメニュー」となっています。
出前体験にも出かけます!ぜひ体験してみてくださいね。
体験がにぎわい、あまりじっくり見ていただけませんでしたが、
パネルの展示もいたしました。↓

IMG_2928

お越しいただきましたみなさん、ありがとうございました!
そしてお招きいただきました県北広域振興局のみなさん、ありがとうございました!

世界遺産登録推進シンポジウム「縄文のくらしと水」開催

  • 2014/10/21

10月19日、一戸町コミュニティセンターで縄文遺跡群世界遺産登録推進シンポジウム「縄文人のくらしと水」が開催され、女性の研究者のみの発表とパネルディスカッションが行われました。縄文の昔から現代の我々に至るまでその生活に欠かすことのできない「水」。この水を縄文人たちはどのように利用してきたかというのが今回のシンポジウムのテーマです。

縄文人たちはこの水を食料や植物、道具の加工に用いていたと考えられています。発表では4人の研究者の皆さんが御所野遺跡での水の利用、植物や木材利用、石器の利用、それぞれの観点から縄文人の水の利用について発表しました。

シンポジウム 7 シンポジウム2
シンポジウム 8 シンポジウム9


パネルディスカッションでは、前滋賀県知事の嘉田由紀子さんをコーディネーターとして迎えディスカッションを行いました。嘉田さんは滋賀県立琵琶湖博物館の総括学芸員として人と水の関わりについて研究してきた専門家でもあります。
縄文人にとって水は繊維を取ったり、木の実のシブ抜きをしたり、あらゆる食料や道具の加工に必要なものであったと考えられています。ディスカッションでは、縄文人は限りある自然を余すところなく利用し、分け合っていたのではないかといった意見が出されました。
嘉田さんからは、これからの社会には「近い水」「近い食」「近いエネルギー」「近いひと」を大事にする姿勢が大事で、その原点は縄文人のくらしであり、これから縄文文化を世界に発信していくうえで重要なポイントになると指摘しました。そのうえで御所野遺跡は「過去ではなく今であり未来」であると主張しました。

シンポジウム4 シンポジウム3

縄文遺跡群は過去ばかり見つめるものではなく、現在未来へと視野を広げてくれる遺産なのです。

シンポジウム5

パネルディスカッションの後はシンガーの葦木美咲さんによるコンサートも開催。
葦木さんは全国の史跡や文化財施設でコンサートを開催しており、素敵な歌声をホールに響かせてくれました。

パネル展「縄文人のくらしと水」「縄文人のくらしと火」開催

  • 2014/10/15

10月19日(日)、11月1日(土)に開催される、縄文遺跡群世界遺産登録推進シンポジウム「縄文人のくらしと水」「縄文人のくらしと火」と並行して、一戸町コミュニティセンターでパネル展を開催します。
樹皮の加工やクリの実やトチの実の処理・加工など縄文人のくらしに欠かせない要素であったと考えられる「水」と土器の焼成に必要な「火」の二つを御所野遺跡の発掘調査や博物館で実施している実験などから解説します。

会期:平成26年10月16日(木)~平成26年11月9日(日)
会場:一戸町コミュニティセンター・ロビー(岩手県二戸郡一戸町一戸字砂森117-2)
休館日:毎週月曜日、祝日の翌日

御所野縄文体験まつり開催しました!

  • 2014/10/12

10月12日に御所野縄文体験まつりを開催しました。
火おこし体験に縄文食の試食、土器づくり、勾玉づくりなどの体験のほかに、今回初始動となる御所野愛護少年団の子どもたちによる遺跡ガイドも行われ、多くの来館者が子どもたちの説明に、熱心に耳を傾けていました。
快晴の空の下でスープを作り、食べてみると、まるで縄文時代にピクニックに出かけている錯覚すら感じます。参加者の皆さんも縄文時代を堪能した一日になったことと思います。

体験まつり 体験まつり3
少年団初のガイドはつり橋から出発! 来館者のほかにも新聞社やラジオ局の方も
体験まつり 2 体験まつり 4
縄文食はキノコがたっぷり入ったスープです お昼の後は土器づくりと勾玉づくり

第3回御所野工芸まつり~手づくり市~開催しました

  • 2014/10/09

10月4日・5日に「第3回御所野工芸まつり~手づくり市~」を開催しました。
今年は去年よりも4店舗増の27店舗の皆さんが軒を連ねました。ぬくもりのある竹細工や木工品、エレガントな金属製品、天然石のアクセサリーに、趣のある一貫張りとヴァリエーション豊かなお店が並びました。

DSC_3990 DSC_4021
 総入場者数は約2600人!  一戸に脈々と継承されている竹細工
DSC_4014 DSC_4015
これも一戸に受け継がれる工芸品「面岸の箕」 温かく、華やかな寄木細工
DSC_4037 DSC_4026
水晶やラピスラズリ、ペリドットなどの天然石 エレガントで重厚な錫クラフト

郷土芸能は、ユネスコ無形文化遺産の「長袋の田植踊」(仙台市)、「早池峰上柳獅子踊り」(遠野市)、「川口きつね踊り」(岩手町)、「鬼柳鬼剣舞」(北上市)、「根反鹿踊り」(一戸町)の5つの団体が優美で豪壮な踊りを披露しました。

DSC_0065 DSC_0118
優美な長袋の田植踊 垂れ幕をさばいて踊る上柳獅子踊り

夏休みこども体験 開催しました!

  • 2014/08/05

7月27日、7月29日、8月2日、8月3日の4日間「夏休みこども体験」を実施しました。
全日程を通して荒れた天気もなく、参加者の方々は体験を楽しんでいました。

7月27日(日)「星空かんさつ会」
一戸町観光天文台台長の吉田偉峰さんを講師に招いて開催しました。曇り空でしたが晴れ間もところどころのぞく微妙なお天気でした。竪穴住居内にスクリーンを設置し、この時期に見ることができる星座のほか、コンピュータで4,500年前に御所野の縄文人が見ていたであろう星空を再現し、星空が今も刻々と変化しているということを解説しました。

星空かんさつ会2
日没後の空。「宵」「薄明」「黄昏」の時間です。

日没、薄明の時間を経て空が暗くなると星空の観察の時間です。御所野縄文公園には灯りもなく、星がきれいに見えます。曇り空でしたが雲の切れ目から北斗七星のほか、こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブの「夏の大三角」が肉眼でも観察できました。
灯りがないといっても市街地のほうはぼんやりと明るく、吉田さんから縄文時代にも見えていた星空を未来に継承していくことが重要とのお話がありました。

星空かんさつ会1
どんな星が見えたでしょうか?


7月29日(火)「昆虫たんけん隊」
自然愛好家の三角義彦さんを講師にお招きして昆虫採集と観察を行いました。
御所野にはカブトムシやクワガタムシのほか、セミがとても多いこと、日本の国蝶オオムラサキが身近に見られる場所であるとの解説がありました。
網と虫かごをもって水場遺構から公園まで子どもたちは縦横無尽に探検。カブトムシ、クワガタムシのほかセミやオオムラサキを捕まえていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
公園を走り回る子どもたち。元気です。 国蝶オオムラサキ


8月2日(土)「手づくり体験~竹でつくるカタツムリ・木でつくるフクロウ~」
昨年に引き続き「手づくり体験」として「木でつくるフクロウ」「竹でつくるカタツムリ」の二つを行いました。
竹でつくるカタツムリは竹か

ら殻、胴体、触角、目を切り出して組み立てていきます。

手づくり体験3 手づくり体験4
手伝ってもらいながら竹を切ります 殻・胴体・触覚・目を組み立てて完成です

木でつくるフクロウは、あらかじめ切り出されたイチイの木をやすりで滑らかに磨き、目を書いて、部品をボンドで張り付けていきます。

手づくり体験1 手づくり体験2
やすりで面取りします 目を入れてくちばしをつけて完成です

皆さん慣れない作業に苦戦しながらも、個性あふれる作品を仕上げていました。

8月3日(日)「化石さがし」
最終日は一戸町文化財調査専門委員会で地質を担当している、佐藤利美さんを講師に「化石さがし」を実施しました。
会場の河川で化石の原石を拾い上げ、ハンマーで叩きながら、貝殻の化石を探します。炎天下の中、皆さん元気に化石の原石と格闘していました。

化石さがし2 化石さがし
さあ、何が出てきたかな? 立派な貝の化石を掘り出しました
10 / 28« 先頭...89101112...20...最後 »

サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめ ご了承ください。