御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 最新情報
  3. 実験考古学!~竪穴住居・冬のメンテナンス~

実験考古学!~竪穴住居・冬のメンテナンス~

  • 2013/01/23

冬の青空が眩しい1月23日に職員が竪穴住居の雪おろしを行いました。

御所野縄文公園では東・中央・西ムラにそれぞれ大・中・小の土屋根住居と1棟の樹皮葺き住居の4棟ずつ復元しています。

春になり、竪穴住居の中を調べると垂木などが折れることが多々あり、雪の重みが原因ではないかと考えるようになりました。

冬の間、竪穴住居の上には重い雪が積もっています。そのため、雪の重さで木材が折れたり、春先に雪が解けた雨垂れから内側の樹皮が腐ったり、湿気やカビが発生するなど不具合が出てくることが分ってきました。

今回、雪による竪穴住居の重みをなくすこと、早く竪穴住居内を乾燥させることを目的として雪おろしを行いました。今後も経過観察を続け、より縄文時代に近い竪穴住居の復元を目指していくためにも検証を進めていきたいと考えています。

固まった雪をおろすのはかなりの重労働^^; 全部で12棟分行いましたよ~v^0^v こんなに雪が積もっている竪穴住居が・・・⇒ こんなに軽くなりました!! こちらは西ムラの竪穴住居が・・・⇒ サッパリしました^^さあ、これからの経過が楽しみ!


サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめご了承ください。