御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 調査・研究
  3. 出版・刊行物
  4. 論文

論文

御所野遺跡の論文を掲載した資料を紹介します。

著者名 「論文名」・『掲載書名』 出版元 発行年
高田和徳 「御所野遺跡の焼失家屋」
『考古学ジャーナルNO.415』
1997 ニューサイエンス社
高田和徳 「御所野遺跡の集落構成とその変遷」
『日本考古学協会1997年度大会 研究発表要旨』
1997 日本考古学協会
浅川滋男
西山和宏
「縄文時代中期の焼失竪穴住居とその復原(1)(2)」 1997 日本建築学会大会学術講演梗概集
浅川滋男
西山和宏
「御所野遺跡で出土した縄文時代中期の焼失竪穴住居群」
『奈良文化財研究所年報』
1997 奈良国立文化財研究所
小林 克 「縄文のムラ、墓と祈り」
『ここまでわかった日本の先史時代』
1997 角川書店
山田昌久 「縄文集落の大きさとしくみ」
『縄文都市を掘る-三内丸山遺跡から原日本が見える』
1997 NHK出版局
高田和徳
山田昌久

「御所野遺跡の考古学的な集落分析」
『人類誌集報』2
英文はこちらから→ 「An Archaeological Settlement Analysis of Goshono Site(PDF661KB)」

1997 東京都立大学考古学研究室
高田和徳 「縄文土屋根住居の実験的復原」
『人類誌集報』3
1998 東京都立大学考古学研究室
高田和徳
西山和宏
浅川滋男

「縄文時代の土屋根住居の復原(一)(二)」
『月刊文化財』417・418号
英文はこちらから→ 「Reconstruction of a Jomon Period Sod Roof Pit House(PDF1.49MB)」

1998 第一法規出版
高田和徳
西山和宏
「縄文土屋根住居の復原-御所野遺跡の実験」
『先史日本の住居とその周辺』
1998 同成社
高田和徳 「縄文時代の火災住居」
『考古学ジャーナル』 NO.447
1999 ニューサイエンス社
高田和徳 「縄文土屋根住居の焼失実験」
『月刊文化財』
1999 第一法規出版
高田和徳 「土葺き屋根の竪穴住居」
『季刊考古学』 第73号
2000 雄山閣
高田和徳 「東北内陸部の拠点集落」
『白い国の詩』通巻533号
2001 東北電力(株)地域交流部
浅川滋男
西山和宏
「先史時代の木造建築技術」
『木の建築』50号
2000 木造建築研究フォーラム
高田和徳 「御所野遺跡の焼失住居にみる内部空間」
『竪穴住居の空間と構造』
2001 国際日本文化研究センター千田研究室
浅川滋男
西山和宏
高田和徳
「縄文集落遺跡の復原-御所野遺跡を中心に-」
『竪穴住居の空間分節に関する復原研究』
2001 奈良国立文化財研究所
平城京跡発掘調査部
高田和徳

「縄文集落の復原事例-岩手県御所野遺跡の整備から-」
『日本考古学第』15号
英文はこちらから→ 「The Restoration of a Jomon Settlement at Goshono Site(PDF1.78MB)」

2003 日本考古学協会
高田和徳 「御所野遺跡の保存と活用」
『日本歴史』7月号
2003 吉川弘文館
高田和徳 「南部地方の縄文時代」
『地方史研究』304号
2003 地方史研究協議会
中村明央 「御所野縄文博物館」
『考古学ジャーナル』NO.508
2003 ニューサイエンス社
高田和徳 「焼失住居跡とその意味」
『考古学ジャーナル』NO.509
2003 ニューサイエンス社
高田和徳 「サハリン北部の土屋根住居 上・下」
岩手日報2003/11/8・9 夕刊
2003 岩手日報社
高田和徳 「遺跡を中心とした文化財行政-史跡公園を核とした総合的な文化財の調査研究とその活用―」
『 平成17年度一戸町文化財年報』
2005 一戸町教育委員会
高田和徳 「森と川に栄えた内陸の縄文文化」
「土屋根の出現とその分布」
「土屋根住居の調査」
『平成18年度一戸町文化財年報』
2006 一戸町教育委員会
村本周三
高田和徳
中村明央
「岩手県御所野遺跡における竪穴住居火災実験」
『考古学と自然科学第』53号
2006 日本文化財科学会
高田和徳 「復原された縄文の風景―御所野遺跡の調査から―」
『平成19年度一戸町文化財年報』
2007 一戸町教育委員会
高田和徳
澤口亜希
「竪穴建物の屋内炉での薪燃焼実験について」
『考古学ジャーナル』NO.574
2008 ニューサイエンス社
國木田大
吉田邦夫
辻誠一郎
「東北地方北部におけるトチノキ利用の変遷」
『 環境文化史研究』第1号
2008 環境文化史研究会
辻圭子
辻誠一郎
大松志伸
高田和徳
「岩手県御所野遺跡における縄文中期終末期のトチノキ種実遺体群の産出状況と意義」
『環境文化史研究』 第1号
2008 環境文化史研究会
高田和徳 「岩手県北部における縄文中期末の集落の変容について」
『環境文化史研究』第1号
2008 環境文化史研究会
田中孝尚 「漆蝋採取実験の記録と報告」
『平成20年度一戸町文化財年報』
2009 一戸町教育委員会
高田和徳 「御所野遺跡盛土遺構の調査」
『三内丸山遺跡などの盛土遺構の研究-予稿集』
2010 三内丸山遺跡研究会
高田和徳 「御所野遺跡の縄文里山づくり」
『遺跡学研究』第7号
2010 日本遺跡学会
阿部昭典 「前庭部付石組炉の出現と機能・用途に関する検討―一戸町御所野遺跡を中心として―」
『平成21年度一戸町文化財年報』
2010 一戸町教育委員会
辻圭子 「御所野遺跡から出土した植物遺体群にもとづく植生復元と植物資源利用」
『平成21年度一戸町文化財年報』
2010 一戸町教育委員会
石井良 「石鏃の形態特性に関する実験研究」
『平成21年度一戸町文化財年報』
2010 一戸町教育委員会
阿部昭典 「石組炉と土器の実験考古学的な研究―縄文人は、住居の炉で調理したのか―」
『平成22年度一戸町文化財年報』
2011 一戸町教育委員会
辻圭子 「出土種実遺体と炭化木材からの御所野遺跡の植生復元と植物利用」
『平成22年度一戸町文化財年報』
2011 一戸町教育委員会
中村耕作 「岩手県における縄文時代中期後半の住居床面出土土器」
『平成22年度一戸町文化財年報』
2011 一戸町教育委員会

サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめ ご了承ください。