御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 調査・研究

調査・研究

発掘調査

御所野遺跡の発掘調査は平成元年(1989)にはじまり、現在まで遺跡の範囲確認、あるいは内容確認のための調査を継続しています。

発掘調査の経過

(範囲確認調査) 平成元年(1989) 中央調査区 末期古墳と配石遺構の調査 平成2年(1990) 西側調査区 竪穴住居跡などの遺構の分布確認、遺構検出 平成3年(1991) 東側調査区 東側の遺構分布の確認、主に竪穴住居跡などの遺構検出 (内容...

主な発掘成果

平成元年度(1989) 古墳群(21基)の確認、縄文時代の配石遺構の発見 平成2年度(1990) 古墳群の調査 配石遺構群の全体像確認 中央東側で密集する遺構を確認中央調査区南東部で大型住居跡 GH68-01を調査 ...

御所野遺跡の実験

<p>御所野遺跡では、縄文時代の技術を知るためにいろいろな実験を行っています。ここではそれぞれの実験を紹介します。実験は御所野縄文博物館が独自に行っているのもあり、首都大学東京(平成15年度までは東京都立大学)の考古学研究室も考古学実習として実施しています。</p> <h4>実験一覧表</h4> <ul> <li>土屋根住居の実験復元</li> <li>土屋根住居の火災実験</li> <li>縄文時代の道具を使った実験 <ul> <li>石斧による木の伐採</li> <li>木製工具による土の掘削</li> <li>木製工具による草刈り</li> </ul> </li> <li>縄文時代の道具を使った土屋根住居の実験復元</li> <li>竪穴住居での実験復元</li> </ul> <table class="noboder" style="width: 100%;" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0"> <tbody> <tr> <td width="160">平成 9年(1997)</td> <td width="540">土屋根住居の実験的な建物の復元 一戸町教育委員会</td> </tr> <tr> <td width="160">平成11年(1999)</td> <td width="540">土屋根住居の焼失実験 一戸町教育委員会</td> </tr> <tr> <td width="160">平成11年(1999)</td> <td width="540">縄文工具の使用実験 東京都立大学</td> </tr> <tr> <td width="160">平成11年(1999)</td> <td width="540">縄文時代の道具を使った伐採実験 東京都立大学・一戸町教育委員会</td> </tr> <tr> <td>平成11年(1999)</td> <td>縄文時代の道具を使った建物復元 東京都立大学・一戸町教育委員会</td> </tr> <tr> <td>平成12年(2000)</td> <td>縄文時代の道具を使った伐採実験2 東京都立大学・一戸町教育委員会</td> </tr> <tr> <td>平成12年(2000)</td> <td>縄文時代の道具を使った建物復元2 東京都立大学・一戸町教育委員会</td> </tr> <tr> <td>平成12年(2000)</td> <td>住居復元実験 東京都立大学・一戸町教育委員会</td> </tr> <tr> <td>平成13年(2001)</td> <td>復元竪穴の土間と調湿建材について 宮野秋彦氏(名古屋工業大学)</td> </tr> <tr> <td>平成16年(2004)</td> <td>復元住居の夏期内部環境 宮城学院女子大学大学院人文科学研究科</td> </tr> <tr> <td>平成17年(2005)</td> <td>復元竪穴住居における焚き火時の室内環境<br /> 八戸工業大学感性デザイン学部 感性デザイン学科 教授 澤田紘一氏</td> </tr> <tr> <td>平成18年(2006)</td> <td>竪穴住居内における燃焼実験 御所野縄文博物館・首都大学</td> </tr> </tbody></table>

土屋根住居の復元

焼かれた建物の調査 平成8年に西側調査区で焼かれた建物跡がいくつか発見されました。そのうち炭化した建築材が良好に残っていた中型住居です。直径4×5m、36平方メートルの建物跡で、中には炭化材が良好に残っていました。 竪穴住居を掘り下げます 焼け落ちた建築...

土屋根住居の焼失実験

発掘調査で得られた土屋根住居の情報を確認するために実験的に建物を復元しており、その2年後に建物の焼失実験を行いました。建物の大半が土で覆われていることから、酸欠状態などになり、燃え難いと想定されました。実験ではあらかじめ屋根の一部を壊して火の通りが良くなるように工夫してから着火しました。 ...

縄文時代の技術の実験

石斧による木の伐採実験 遺跡から出土した石斧をもとにして道具を作成し、クリの木の伐採実験をしました。木は縄文時代の竪穴住居で使用する径30~80cmのものを伐採しています。 復元した縄文時代の石斧 約80cmのクリの木を伐採開始 腰を使って石斧をふりま...

出版・刊行物

  企画展の図録をはじめ御所野遺跡を紹介した掲載誌や論文、一戸町教育委員会が発行した刊行物などをご紹介します。
一部の刊行物は、博物館2階ミュージアムショップで販売しております。

現地説明会資料

今まで行った御所野遺跡や周辺遺跡の現地説明会です。 遺跡名 調査年 御所野遺跡 1989 御所野遺跡 1990 御所野遺跡 1991 ...

御所野遺跡紹介掲載誌など

御所野遺跡について書かれた資料を紹介します。 掲載書名 発行年 発 行 「岩手県二戸郡一戸町御所野遺跡」『日本考古学年報』42 1990 日本考古学協会 「岩手県二戸郡一戸町御所野遺...

論文

御所野遺跡の論文を掲載した資料を紹介します。 著者名 「論文名」・『掲載書名』 出版元 発行年 高田和徳 「御所野遺跡の焼失家屋」 『考古学ジャーナルNO.415』 1997 ニューサイエンス社 高田和徳 「御所野遺跡の集落構成とその変遷」『日本...

一戸町文化財年報(非売品)

一戸町文化財の年間の報告書です。 冊  子  名 発行年 形態 2002年 一戸町文化財年報 2003 A4版、60P 2003年 一戸町文化財年報 2004 A4版、61P ...

御所野遺跡関連報告書(販売しています)

御所野遺跡に関して一戸町教育委員会で発行している報告書です。 合集名 冊  子  名 発行年 形態 頒価(円) 1冊分 送料(円) 第4集 一戸バイパス関係埋蔵文化財調査報告書Ⅲ 1983 B5版、348P、 図版51P 在庫なし - 第26...

一戸町文化財冊子頒布表(販売しています)

一戸町教育委員会で発行している報告書です。 合集名 冊  子  名 発行年 形態 頒価(円) 1冊分 送料(円) 第1集 一戸バイパス関係埋蔵文化財調査報告書Ⅰ 1981 B5版、440P、 図版56P 在庫なし - 第2集 一戸バイパス関...

企画展図録(頒布しています)

当館で開催した企画展の図録です。 冊  子  名 発行年 形態 頒価(円) 1冊分送料 (円) 染めの型紙展 -職人の技とその文様- 2005 A4版、31P 500 180 耳飾り -縄文と世界のアクセサリー展- 2005 A4版、48P ...

その他の冊子 (頒布しています)

下記の冊子なども頒布しています 冊  子  名 発行年 形態 頒価(円) 1冊分 送料(円) 一戸町の指定文化財 (国指定5件・県指定5件・町指定40の解説書) 1989 A5版、36P 300 180 一戸町の歴史 1995 タテ20×ヨコ...

購入方法について

◆博物館2階のミュージアムショップでは、企画展図録や一戸町教育委員会の刊行物など一般の書店では購入できない冊子などを販売しています。 ◆郵送による購入をご希望の方は、必ず事前にご連絡をお願いします。 氏名・送付先住所・電話番号・ご希望の冊子名・冊数をお話しください。 <電話:0195-32-2...

サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめ ご了承ください。