御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 御所野遺跡と世界遺産
  3. 世界遺産登録への取り組み

世界遺産登録への取り組み

 縄文遺跡群の世界遺産登録への取り組みは2008年にはじまりました。文化庁が公募していた国内の世界遺産候補として4道県が共同で提案書を提出、全国から出された32の候補の中から選ばれ、日本の世界遺産候補として正式に暫定リストに記載されました。それを受けて北海道・北東北4道県と関係市町村が「縄文遺跡群世界遺産登録推進本部」を組織し、青森県教育庁に事務局を設置して登録のための運動がスタートいたしました。

 具体的には4道県の教育委員会担当課長と12市町の担当課長で組織した推進会議と専門家を対象とした世界遺産登録推進専門家委員会をそれぞれ組織し随時登録のための作業を進めております。
その後平成24年12月に、専門家委員会などでの審議に基づき、北海道千歳市のキウス遺跡、函館市の垣ノ島遺跡、青森県弘前市の大森勝山遺跡の3遺跡を追加して18遺跡で世界文化遺産の登録を目指しています。


サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめ ご了承ください。