御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 2017年
  3. >
  4. 6月

最新情報

【6/25(日)】珪化木(けいかぼく)見学会を開催します!

  • 2017/06/20
【珪化木(けいかぼく)見学会のお知らせ】
 
 6月25日(日)に、「珪化木見学会―珪化木を見に行こう!―」を開催いたします!
 一戸の根反川流域には日本一の規模を誇る特別天然記念物「根反の大珪化木」があります。
た近年、上流で保存状態の良い大規模な珪化木が見つかっています。この新たに見つかった珪化木を見学する会を開催します。
 参加ご希望の方は 御所野縄文博物館(0195-32-2652)までお電話お願いいたします!
 
————————-
日時:平成29 年6 月25 日(日) 9 時~12 時
集合場所:8時45分までに一戸町町民文化センター(一戸町役場隣)に集合。
定員:30名(要予約)
参加費:150円(保険料・受付時に集金します)
申込先:御所野縄文博物館(0195-32-2652)
※長靴、帽子、軍手、飲み物などを持参し、動きやすい服装で参加の事。詳細は申し込みの際に説明します。
※終了後、午後に町内の文化財めぐりを計画しています。希望者は申込む事(昼食は各自準備)。
 
 

【土器はどうやって焼いているのか?】野焼きのようすをご紹介!

  • 2017/06/15

【土器はどうやって焼いているのか。。。?】

 御所野縄文博物館ではいつでも土器づくり体験ができます!

粘土で形作ったら約1か月乾燥させ、焼いて土器の完成!となります。

土器をつくるときに、野焼きコースか窯焼きコースを選ぶことができますが、

今回は縄文人もやっていた「野焼き」の様子ををご紹介したいと思います。

 

 まず、薪を燃やして炭火のような状態にします。

その後、燃やした薪を広げ、そこに土器を置いていきます。土器のまわりに更に薪を置いていき、土器を焼きます。

写真を見てもわかるかと思いますが、熱いです。想像の50倍くらい熱いです(私の感覚ですが)。

縄文人もこの熱さに耐えながら土器の焼き上がりを見届けたのでしょう。。。

 

 面白いのが、土器の色の変化!土器を置いた直後は土器が黒くなるのですが、

焼いている最中は土器が赤く透き通るようになり、最後はまた茶色・黄土色っぽくなります。すごいですよね~(゜o゜)

 

 今回はなかなか見られない、土器焼きの様子をご紹介しました!

まだ土器をつくったことがない方、つくったことがある方も土器を作りたくなってきませんか。。。?笑

御所野縄文博物館ではいつでも土器づくり体験ができますので、ぜひ作りに来てくださいね~☆

 

IMG_1858

↑薪を燃やします

 IMG_1866

↑土器を焼いている最中

IMG_18680

↑土器が赤くなっています!

 IMG_1872

↑土器が焼きあがりました!

「御所野遺跡ガイドサポーター連絡会議設立式」を行いました!

  • 2017/06/14

 6月11日(日)に御所野縄文博物館にて「御所野遺跡ガイドサポーター連絡会議設立式」を行いました。

現在、御所野縄文公園を見学する際のガイドは「御所野遺跡を支える会」の皆さんが行っていますが、

忙しい時期などは人手不足になることもありました。


そんな中、今回結成されたのが「ガイドサポーターズ」です。

現在は一戸町の中学生や元博物館職員など15名が登録しており、

これから忙しい時期などにガイドとして活動していく予定です!


11日にはさっそくガイド研修も行い、皆さんとても熱心に勉強されていました。

サポーターズのガイドデビューが待ち遠しいですね!

 

IMG_3877

↑サポーターズと御所野遺跡を支える会の皆さん

IMG_3988

↑ガイド研修のようす。。。


サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめ ご了承ください。