御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 2015年

最新情報

御所野遺跡総括報告書が遂に完成!

  • 2015/12/26

今年御所野縄文博物館では「御所野遺跡Ⅴ―総括報告書―」を作成しました。

 御所野遺跡は平成元年から平成24年まで発掘調査をおこないました。

 発掘をしたら

「こういう土器がでました~!」

「竪穴住居の跡がこれだけありました~!」(←非常にポップに表現しています)

 などという内容をまとめた「発掘調査報告書」を発行します。

御所野遺跡ではこれまで4冊の報告書を発行しています。

 

今回発行したものは「総括報告書」というもので、24年間の発掘調査の総まとめとなります。

「これまでの発掘調査の内容が分かる1冊」となっております。

 

毎日土器を見ていた人

毎日図面を見ていた人

毎日原稿を書いていた人

 

他にもいろんな方がこの報告書の作成に関わっています。

皆さんの細かい作業の積み重ねで、今回の報告書は完成しました。

俗にいう「汗と涙の結晶」というやつです。

 DSC_0001

(↑できあがった報告書です)

 

この報告書が「御所野遺跡とはなんぞや」を説明する1冊となり、

世界遺産登録に向けて非常に大切な報告書となります!

 

さらに来年は報告書の内容をわかりやすくまとめたパンフレットも発行する予定です!

 

少しでも多くの方に御所野遺跡のことを知っていただき

そしてみなさんで縄文遺跡群の世界遺産登録を目指しましょう!!!

 

限定メニュー「正月飾りをつくる」開催しました

  • 2015/12/22

12月20日(日)に限定メニュー「正月飾りをつくる」を開催しました。

こちらの体験は

ツルで作る「リースタイプ」と、ワラで作る「しめ縄タイプ」から選んでいただき、

自然素材を飾り付けて完成となります。

 

しめ縄タイプを選んだ皆さんは縄をなうところからスタートしました。

 

綯う(なう)とは

 撚り(より)をかけて縄などを作ることをいいます

 

ワラに撚りをかけると、自然と絡まり、縄になってくれます!

DSC_0006

↑きれいに撚りをかけられていて立派な縄になっています(●^o^●)

 

縄ができたら丸い形にして

一戸で集めた自然素材たちを飾り付けて正月飾りの完成となります!

 

DSC_0016 DSC_0017

材料がいっぱいあるのでどれを付けようか本当に迷います・・・

DSC_0021

↑マツボックリに実を付けています!手が込んでいます!

DSC_0009

完成した「しめ縄タイプ」の正月飾りです!

 DSC_0018

こちらは「リースタイプ」の正月飾りです!

お正月飾りはしめ縄のイメージですがツルのリースタイプも

おしゃれでいいですよね!!

お父さまは体験のチケットも飾ってくれました(^O^)

 

今回の体験の材料はすべて一戸町内で集めた自然のものばかりです!

ALL 自然素材で作るって、できるようでできないですよね…

大自然に囲まれた御所野縄文博物館だからできる体験なのです!!!

 

来年も自然を活かした体験を行いますので、ぜひ皆さんいらしてください(^^)

心よりお待ちしております!

クリスマスリース作りを行いました!

  • 2015/12/17

12月17日(木)に、クリスマスリース作りの体験を行いました。

 

体験の内容は

アケビのツルを編んで作ったリースに

それぞれ好きな飾りを付ける というものです!

 

ではではリース作りの様子を写真と共にお伝えいたします!!!

~リースの材料選び~

 DSC_0015 DSC_0018

DSC_0019

上の写真から分かるように飾りの材料はいっぱいありますが、実は全て一戸町内で集めたものなんです!!!!

こんなに集まるものなんだとちょっと驚きました。。。(゜o゜)

 

~飾り付け~

DSC_0041 DSC_0042

DSC_0036

皆さん思い思いに飾り付けをしていました!!

 

~完成~

DSC_0039 DSC_0043

とーーーーーーっても素敵ですよね~(^^♪

 

さらにさらに、リースの枠を超え「クリスマスオブジェ」を作られた方もいました!!

DSC_0045 DSC_0049

DSC_0046

飾り方がちょっと難しそうですが(笑)

クリスマスが賑やかになること間違いなし!!ですね(^^)

 

このクリスマスリースと共に素敵なクリスマスをお過ごしください☆

縄文世界遺産フォーラムが開催されました

  • 2015/12/11

12月6日(日)にサンセール盛岡で「縄文世界遺産フォーラム」が開催され、

御所野縄文博物館の学芸員も発表を行いました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!!

 DSC_0112

(↑発表の様子です)

 

当日は御所野遺跡から出土した「アスファルト」などを題材に発表を行いました。

縄文人はアスファルトを溶かして土偶の補修や、

鏃(やじり)と柄をくっつける接着剤として使用していました。

御所野遺跡からは天然のアスファルトの塊が出土しています。

しかし御所野遺跡周辺からは原油が出ません。

つまり原油の出る地域から運ばれたのです!

 

縄文人のネットワークにただただ驚かされます。。。

 

御所野縄文博物館では縄文時代のアスファルトの研究も行っています 。


博物館には「天然アスファルトの塊」や

アスファルトを溶かすときに使っていた「土器パレット」などの展示もございますので、

いらっしゃった際は要チェックです(^^)

限定メニュー「竹でつくる手提げカゴ」開催します

  • 2015/12/04

2月と3月に講師に柴田 恵さん、柴田 トヨさんをお迎えして、

限定メニュー「竹でつくる手提げカゴ」を開催します。

平安時代からの伝統があると伝わる一戸町の工芸品

「鳥越の竹細工」でおなじみの手提げカゴを3日間の工程で作ります。

大きさは高さ23cm×幅21cm×奥行12cm

お弁当箱に本、小物が入る大きさでちょっとしたお出かけにピッタリの手提げカゴです。

竹の手提げカゴ

この機会にぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

--------------------------------------------

日時 日曜日コース:平成28年2月7日・14日・21日(毎週日曜日・全3回)10:00~15:00

   水曜日コース:平成28年3月2日・9日・16日(毎週水曜日・全3回)10:00~15:00

会場 御所野縄文博物館 2階体験工房

定員 10名(高校生以上で3日間とも参加できる方)

費用 2,300円(初回にいただきます)

予約開始日 日曜日コース:平成28年1月7日(木)9:00~ 予約受付終了しました

      曜日コース:平成28年2月3日(水)9:00~   予約受付終了しました

※以前に体験された方のお申込みはご遠慮ください。

※昼食は各自ご持参ください。

--------------------------------------------

「クルミの樹皮で入れ物をつくろう体験くらぶ」を開催します

  • 2015/11/29

2016年の1月10日(日)に

カシオペア連邦局おもてなし課

「山・川・ゆたか カシオペア体験交流くらぶ」の体験のひとつである

「クルミの樹皮で入れ物をつくろう体験くらぶ」が御所野縄文博物館・体験工房で開催されます。

 

こちらは細く割いたクルミの木の皮を編んで

花入れやペン立てなどの入れ物をつくるという内容です。

 

出来上がりはこのようになります!!!

DSC_0016

 

縄文人は手先が器用で、実際に木の皮などを編んで入れ物を作っていました。

小学生の皆さんも縄文人になりきって入れ物を作ってみませんか(^O^)?

 

——————————————————————————————————-

日時 2016年1月10日(日)

   10:00~12:00

会場 御所野縄文博物館 2F体験工房(博物館1Fで受付を行います)

対象 小学生の親子連れ

費用 親子で800円/組(税込)

服装 動きやすい服装

お申込みは御所野縄文博物館(0195-32-2652)までお願いいたします。

——————————————————————————————————-

限定メニュー「藍染めカレンダーづくり」開催しました

  • 2015/11/26

 11月14・15日、17・18日に限定メニュー「藍染めカレンダーづくり」を開催しました。


今回もたくさんの方に参加していただきました。本当にありがとうございます!

 

体験の内容は
1日目に図案を彫り、彫った部分が染まらないよう生地に「のり」をのせ、

2日目に布を藍で染めて、その布をカレンダーの台紙に貼って完成

                          となります。

 

 では、写真とともに体験の様子をお伝えします!

 

↓図案選びからスタートです

IMGP4912

↓図案が決まったら、型紙に彫っていきます

IMGP4920

↓彫った部分が染まらないよう、「のり」をのせます

IMGP4935

↓のりをのせたら、次の日まで乾かします

DSC_0023

↓2日目、さっそく染めていきます!

DSC_0033

↓染まったら布についている「のり」を洗い流します

DSC_0039

↓布が乾いたら、カレンダーの台紙に貼って完成です!

DSC_0051

 


みなさんとてもきれいに染まっていて、素敵なカレンダーに仕上がりました。

2日間で出来上がったとは思えない作品ばかり…。

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最後に、皆さんから一言ずつ感想をいただきました。

 

 「息子や娘のことを思いながらつくりました」

 「今回思い切って参加してみて本当に良かったです」

 

                     などなど・・・

聞いている途中、なんだか涙が出そうになりました。

いろいろな思いが詰まった「藍染めカレンダー」。

藍染めカレンダーと共に素敵な1年をお過ごしください(^^)

限定メニュー「正月飾りをつくる」開催します

  • 2015/11/26

  今年も残りわずか。


去りゆく年を振り返り、新しい年に思いをはせながら正月飾りをつくってみませんか?

 

稲わらでつくるしめ縄タイプの伝統的な正月飾りと、

アケビのツルからつくるおしゃれなリースタイプのいずれかから選んでつくります。

 

DSC_0011 DSC_0015

↑昨年の体験の様子です

DSC_0003 (2)

↑しめ縄タイプはこのような仕上がりになります

—————————————————–‐‐‐‐———————————‐‐‐—————————-
日時:平成27年12月20日(日)10:00~12:00
場所:御所野縄文博物館 2階体験工房
参加料:600円
定員:20名(中学生以上)

※ご予約の際ツルで作る「リースタイプ」か、ワラでつくる「しめ縄タイプ」かを伺います。

ご予約は→御所野縄文博物館(0195-32-2652)までお願いいたします。
————————————————————————————————————————

岩手県縄文世界遺産フォーラムを開催します

  • 2015/11/18

12月6日(日)に岩手県縄文世界遺産フォーラム「北東北と北海道をひとつにしたもの」を開催します。
基調講演のほか世界遺産登録を目指す北海道・青森県・秋田県・岩手県の縄文遺跡群の遺跡の内容について報告します。岩手県からは当館職員の菅野紀子学芸員が報告します。
遺跡が語る縄文人の生活や文化などについてわかりやすく紹介します。


基調講演
「円筒土器分布圏から津軽海峡文化圏へ」  冨樫泰時氏(秋田県文化財保護審議会会長)

遺跡報告
「北の自然とともに生きた人々」~北海道北黄金貝塚~  青野友哉氏(伊達市教育委員会)
「『縄文世界遺産』の中核遺跡」~青森県三内丸山遺跡~  永嶋 豊氏(青森県教育委員会)
「ストーンサークルを築いた人々の地下遺構」~秋田県大湯環状列石~  藤井安正氏(鹿角市教育委員会)
「御所野遺跡が語る縄文人の交流と文化」~岩手県御所野遺跡~  菅野紀子氏(一戸町教育委員会 当館学芸員)

縄文世界遺産フォーラム
——————————————————————————————————–
日時:平成27年12月6日(日)13:30~16:30 (13:00開場)
会場:サンセール盛岡 3階大ホール(岩手県盛岡市志家町1-10)
※入場無料・事前申込不要(当日会場まで直接お越しください)
問合せ先:岩手県教育委員会事務局生涯学習文化課 Tel. 019-629-6177
——————————————————————————————————–

子どもガイドを行いました

  • 2015/11/17

11月14日(土)に一戸南小学校の御所野愛護少年団の6年生による

子どもガイドが行われました。

 

御所野愛護少年団とは…

一戸町立一戸南小学校の3~6年生の児童たちが団員です。

「御所野遺跡のことをもっと知ろう」「御所野遺跡を守る活動をしよう」を活動の目的としています。

春には公園の清掃作業を行ったり、修学旅行では御所野遺跡のPR活動も行っています。

 

そして今年の夏から愛護少年団が遺跡・博物館のガイドを行う「子どもガイド」が

本格的にスタートしました。

 

14日は3回目のガイドなだけあって、最初にくらべると自信を持ってスラスラと

ガイドできるようになっていました!

それぞれ伝えたい部分もしっかりと話すことができましたよ!

 

DSC_0008 - コピー IMGP4951

 ↑つり橋の入り口にて                ↑鼻曲り土面について解説中

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

愛護少年団の皆さん、ナイスガイドでした!!!!

1 / 41234

サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめご了承ください。