御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 2014年
  3. >
  4. 10月

最新情報

「ツーリズムEXPOジャパン2014」に参加してきました

  • 2014/10/26

先日9月27日(土)と28日(日)、東京ビックサイトで行われた「ツーリズムEXPOジャパン2014」に参加してきました。
当館は久慈市の久慈琥珀博物館さんと一緒に、岩手県ブースのゲストとして参加。
当遺跡のPRと、出前体験をさせていただきました。
会場には日本各地、世界各国からの1500あまりの出展ブースが参加し、15万人以上の来場者で
会場はにぎわいました。

IMG_2902

岩手県ブースの前では海女さんの衣装体験で盛り上がりました。

IMG_2958

こちらが当館の体験コーナー。
大人から子供まで、夢中で取り組んでいただきました。

IMG_2944

IMG_2948

今回はシナの繊維でつくるスチラップと、組みひもでづくるブレスレットの2種類を
出前体験。どちらもとても好評で、体験の方々が、途切れませんでした。

DSC_3020←シナノキの繊維でつくるストラップ

組ひも (6)←組みひもでつくるブレスレット

コチラの体験は博物館で毎日体験できる「いつでもメニュー」となっています。
出前体験にも出かけます!ぜひ体験してみてくださいね。
体験がにぎわい、あまりじっくり見ていただけませんでしたが、
パネルの展示もいたしました。↓

IMG_2928

お越しいただきましたみなさん、ありがとうございました!
そしてお招きいただきました県北広域振興局のみなさん、ありがとうございました!

世界遺産登録推進シンポジウム「縄文のくらしと水」開催

  • 2014/10/21

10月19日、一戸町コミュニティセンターで縄文遺跡群世界遺産登録推進シンポジウム「縄文人のくらしと水」が開催され、女性の研究者のみの発表とパネルディスカッションが行われました。縄文の昔から現代の我々に至るまでその生活に欠かすことのできない「水」。この水を縄文人たちはどのように利用してきたかというのが今回のシンポジウムのテーマです。

縄文人たちはこの水を食料や植物、道具の加工に用いていたと考えられています。発表では4人の研究者の皆さんが御所野遺跡での水の利用、植物や木材利用、石器の利用、それぞれの観点から縄文人の水の利用について発表しました。

シンポジウム 7 シンポジウム2
シンポジウム 8 シンポジウム9


パネルディスカッションでは、前滋賀県知事の嘉田由紀子さんをコーディネーターとして迎えディスカッションを行いました。嘉田さんは滋賀県立琵琶湖博物館の総括学芸員として人と水の関わりについて研究してきた専門家でもあります。
縄文人にとって水は繊維を取ったり、木の実のシブ抜きをしたり、あらゆる食料や道具の加工に必要なものであったと考えられています。ディスカッションでは、縄文人は限りある自然を余すところなく利用し、分け合っていたのではないかといった意見が出されました。
嘉田さんからは、これからの社会には「近い水」「近い食」「近いエネルギー」「近いひと」を大事にする姿勢が大事で、その原点は縄文人のくらしであり、これから縄文文化を世界に発信していくうえで重要なポイントになると指摘しました。そのうえで御所野遺跡は「過去ではなく今であり未来」であると主張しました。

シンポジウム4 シンポジウム3

縄文遺跡群は過去ばかり見つめるものではなく、現在未来へと視野を広げてくれる遺産なのです。

シンポジウム5

パネルディスカッションの後はシンガーの葦木美咲さんによるコンサートも開催。
葦木さんは全国の史跡や文化財施設でコンサートを開催しており、素敵な歌声をホールに響かせてくれました。

パネル展「縄文人のくらしと水」「縄文人のくらしと火」開催

  • 2014/10/15

10月19日(日)、11月1日(土)に開催される、縄文遺跡群世界遺産登録推進シンポジウム「縄文人のくらしと水」「縄文人のくらしと火」と並行して、一戸町コミュニティセンターでパネル展を開催します。
樹皮の加工やクリの実やトチの実の処理・加工など縄文人のくらしに欠かせない要素であったと考えられる「水」と土器の焼成に必要な「火」の二つを御所野遺跡の発掘調査や博物館で実施している実験などから解説します。

会期:平成26年10月16日(木)~平成26年11月9日(日)
会場:一戸町コミュニティセンター・ロビー(岩手県二戸郡一戸町一戸字砂森117-2)
休館日:毎週月曜日、祝日の翌日

御所野縄文体験まつり開催しました!

  • 2014/10/12

10月12日に御所野縄文体験まつりを開催しました。
火おこし体験に縄文食の試食、土器づくり、勾玉づくりなどの体験のほかに、今回初始動となる御所野愛護少年団の子どもたちによる遺跡ガイドも行われ、多くの来館者が子どもたちの説明に、熱心に耳を傾けていました。
快晴の空の下でスープを作り、食べてみると、まるで縄文時代にピクニックに出かけている錯覚すら感じます。参加者の皆さんも縄文時代を堪能した一日になったことと思います。

体験まつり 体験まつり3
少年団初のガイドはつり橋から出発! 来館者のほかにも新聞社やラジオ局の方も
体験まつり 2 体験まつり 4
縄文食はキノコがたっぷり入ったスープです お昼の後は土器づくりと勾玉づくり

第3回御所野工芸まつり~手づくり市~開催しました

  • 2014/10/09

10月4日・5日に「第3回御所野工芸まつり~手づくり市~」を開催しました。
今年は去年よりも4店舗増の27店舗の皆さんが軒を連ねました。ぬくもりのある竹細工や木工品、エレガントな金属製品、天然石のアクセサリーに、趣のある一貫張りとヴァリエーション豊かなお店が並びました。

DSC_3990 DSC_4021
 総入場者数は約2600人!  一戸に脈々と継承されている竹細工
DSC_4014 DSC_4015
これも一戸に受け継がれる工芸品「面岸の箕」 温かく、華やかな寄木細工
DSC_4037 DSC_4026
水晶やラピスラズリ、ペリドットなどの天然石 エレガントで重厚な錫クラフト

郷土芸能は、ユネスコ無形文化遺産の「長袋の田植踊」(仙台市)、「早池峰上柳獅子踊り」(遠野市)、「川口きつね踊り」(岩手町)、「鬼柳鬼剣舞」(北上市)、「根反鹿踊り」(一戸町)の5つの団体が優美で豪壮な踊りを披露しました。

DSC_0065 DSC_0118
優美な長袋の田植踊 垂れ幕をさばいて踊る上柳獅子踊り

サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめ ご了承ください。