御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 2013年
  3. >
  4. 12月

最新情報

竪穴住居のいぶし作業

  • 2013/12/23

当館で行われる様々な活動や公園の維持管理などには、地域のボランティアの方々の全面的な協力や支援を頂いています。
公園や博物館のガイドや縄文体験の指導、イベントへの協力・参加、公園の清掃、復元竪穴住居の維持管理など多岐にわたります。

今回は、復元竪穴住居の維持管理を行う御所野遺跡を支える会の方をご紹介します。

一年を通じて、復元住居の維持・保存にかかせない復元竪穴住居の「いぶし」作業を行って頂いています。
いぶしを行うことによって、竪穴住居内のカビや湿気を抑える役割をし、長く保存することができます。
本日も寒い中、雪の中、作業を行って頂きました!
画像は少し前のものですが、雪深い中でもソリを引いて薪を運び、竪穴住居内の炉で薪を燃やして中をいぶします。
かなり重労働のようです。しかし、週3日間頑張って頂いています^ー^

火燃やし作業1 火燃やし作業2
このように東ムラ⇒中央ムラ⇒西ムラと薪を
ソリで運びます
ソリとはいえ、かなり重いそうです
火燃やし作業3 火燃やし作業4
竪穴住居内の炉に薪を組みます 段々火が燃えてきました。いぶしの始まりです!

このように竪穴住居内からモクモクと煙がでます!
いぶしの作業はとても重要で、怠ってしまうとすぐに竪穴住居内にカビが発生し湿気などで木が腐ってしまいます。

火燃やし作業5 火燃やし作業6
ただいま、いぶし中・・・

まるで、縄文人が生活しているみたい♪

少し遠目から見ると、まるで縄文人が今まさに生活を営んでいるかのようですよ!
こちらの景色、必見です^▼^b

まさに、皆さんから支えられている御所野遺跡、今後共、宜しくお願い致しますmー▼ーm

限定メニュー「正月飾りをつくる」を開催しました

  • 2013/12/23

さらさらとした粉雪がしっかり積もった御所野ですが、昨日今年最後となる
限定メニュー「正月飾りをつくる」を開催しました。
毎年恒例のメニューで、今年もたくさんの方々にご参加いただきました。
縄タイプとリースタイプからどちらかを選んでの体験でしたが、やっぱり人気は縄タイプ。
縄をなうことなんてなかなかない現代人の私たちにとっては、とてもわくわくする体験ですよね。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
縄には右撚りと左撚りがあって…。
お正月飾りは左撚りで・・・ ???
まずやってみましょう!
手伝ってもらいながらの作業。
押さえる人にもコツが必要。

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
なった縄をくるんと巻いたら飾り付け♪♪
一戸で集めたマツやバラの実を好きに飾り付けます。

ステキに出来上がりました~!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こちらはリースタイプの方。
クリスマスからお正月まで活躍しそうです。

 出来上がったものをよ~く見ると、同じ縄でも一人一人やっぱり違います。
これからやってくるお正月に向かって時間をかけてあれやこれや、お飾りまで準備する、
日本人っていいなあ、などと思ったり。
すてきな正月飾りができたので、きっと皆さんの新年には福がやって来ることでしょうね!
ご参加ありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
上手に縄をなう女性。
お知り合いのおじいさんに教わったのだそう。

うまい・・・!!

サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめ ご了承ください。