御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 2012年
  3. >
  4. 11月

最新情報

第35回一戸町郷土芸能祭 開催

  • 2012/11/25

11月25日に、35回目となる一戸町郷土芸能祭を一戸町コミュニティセンターホールで開催しました。

今年の出演団体は、町内から高屋敷神楽保存会・田中新山社神楽保存会・中山神楽保存会・小友神楽保存会・根反鹿踊り保存会の5団体と、招待芸能に青森県十和田市の南部切田神楽会をお招きしました。


出演された団体の皆さんは日頃の活動の成果を披露し、客席からは惜しみない拍手が送られました。

権現舞(高屋敷神楽) 三番叟(田中新山社神楽) 虎ノ口(中山神楽) 盆舞(小友神楽) 三本剣(高屋敷神楽) 権現舞(南部切田神楽会) 翁の下舞(田中新山社神楽) 鳥舞(南部切田神楽会) 三本荒神(中山神楽) 虎ノ口(高屋敷神楽) 根反鹿踊り(根反鹿踊り)

当館の学芸員が「漆糸製品復元プロジェクト」に参加!

  • 2012/11/20

漆製品は、今から9,000年前の縄文時代から既に存在していたようです。

奈良文化財研究名誉研究員の岡村道雄氏が函館市縄文文化交流センターの阿部千春館長へ呼び掛けた事から始まった「世界最古の漆糸製品復元プロジェクト」 は、平成22年度・23年度の2ヶ年にわたり行われました。

このプロジェクトに参加した当館の中市学芸員は『復元製品の製作~糸作りから編布まで~』の部 分である、糸作りから製品作りまでを渾身の力を込めて取り組みました。
そして、ついに『世界最古垣ノ島B遺跡漆糸製品の復元(NPO法人三内丸山縄文発信 の会 発行)』という報告書が完成しました。

当館では近日発売予定ですので、お楽しみに!!

当館の中市学芸員が製作した漆糸製品 (函館市縄文文化交流センター蔵) こちらが報告書です。近日販売予定です!

手づくり体験「藍染めカレンダー」

  • 2012/11/17

今年も大人気の手づくり体験「藍染めカレンダー」を2回に分けて開催致しました。

2日間の行程で行われるカレンダー作りは、講師にアイをはぐくむつどいの皆さんをお迎えし、1日目はデザインを型紙に描いて彫り、布にノリ置きをしました。
2日目は藍染めを行いカレンダーの台紙に貼り付けて仕上げました。

来年は巳年ということで巳をモチーフとしている方が多く、形が丸いため彫るのが大変そうでした。
完成したカレンダーを目の前に、初めての参加者たちはとて も感激をしていました!
何度も参加している方は年々難しいデザインに挑戦していき、皆さんとても素晴らしいカレンダーが完成しました!

来年も良い年でありますように・・・*^▼^*

型紙を慎重に彫ります! 丁寧にノリ置きをします! 好みの濃さに藍染めします! 布を台紙に貼り付けて・・・完成~☆ 第1回目に参加した方の完成品です どうです?素敵でしょ!! 第2回目に参加した方の完成品です こちらも素晴らしいカレンダーですねv^^v

岩手県縄文フォーラム「縄文遺跡からのメッセージ」

  • 2012/11/01

11月1日「縄文遺跡探訪バスツアー」と岩手県縄文フォーラム「縄文遺跡からのメッセージ」を開催しました。

バスツアーは、一戸・盛岡・北上発着の3コースに分かれて、午前中にコース別に北上市の樺山遺跡や一戸町の御所野遺跡の見学を行いました。
午後からは、盛 岡市のアイーナホールで縄文フォーラムを行い、バスツアーに参加した人を含め約350名が聴講しました。

講師の赤坂憲雄氏は「縄文文化と現代」と題した講演で、東北の山村に残る習俗に縄文の名残りとして「樹皮編み、家の敷地内の墓など」が見られること、日本 列島における東西の文化の違い、縄文時代と弥生時代以降での意識の変化などについてお話しをしていただきました。

続いて、北上市立博物館館長の高橋文明氏と御所野縄文博物館館長による、樺山遺跡と御所野遺跡の調査結果報告や史跡公園の整備について説明がありました。
樺山遺跡では奥羽山脈を望む見晴らしのよさが挙げられ、御所野遺跡では周囲の自然を生かした里山づくりを進めていることを話しました。

最後は、考古学者の岡村道雄氏の司会で、上記の3名による縄文時代についてのパネルディスカッションが行われました。
沿岸部の縄文時代の遺跡は東日本大震 災の津波による被害をまぬがれていることから縄文人は自然を熟知した上で高台でくらしていたのではないかなどという指摘もあり、自然と共生してきた縄文人 から学ぶべきことは多い、という言葉が交わされました。

樺山遺跡の見学の様子1 樺山遺跡の見学の様子2 赤坂憲雄氏の基調講演の様子 北上市立博物館 高橋館長の事例報告の様子 御所野縄文博物館 高田館長の事例報告の様子 パネルディスカッションの様子 司会の岡村道雄氏 左から赤坂氏、高橋館長、高田館長


サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめ ご了承ください。