御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 2012年
  3. >
  4. 6月

最新情報

「神楽公開」開催

  • 2012/06/24

6月24日に、昨年国の重要文化財に登録された旧朴舘家住宅で「神楽公開」を開催しました。

12回目となる神楽公開の出演団体は、一戸町指定無形民俗文化財の高屋敷神楽保存会・中山神楽保存会の2団体でした。
一戸町文化財調査専門委員 である橋本裕之氏よりご挨拶を頂き、2団体より「権現舞、鶏舞、三本荒神、翁、三番叟」の5演目を披露して頂きました。

北海道・東北の古民家のなかで最大 規模の建物で舞う神楽はとても雰囲気があり、観覧されている皆さんはとても喜んでいたようでした。
途中、朴舘家住宅保存会からみそもちを振舞って頂き、終 始和やかな神楽公開でした。

さあ、神楽公開の始まりですよ! 郷土芸能に詳しい橋本裕之氏よりご挨拶です 中山神楽の「権現舞」 高屋敷神楽の「鶏舞」 中山神楽の「三本荒神」 高屋敷神楽の「翁」 高屋敷神楽の「三番叟」 いつもおいしいみそもちを有難うございます*^^*

第2回縄文里山づくり

  • 2012/06/24

6月24日に、2回目の「縄文里山づくり」を開催いたしました。

案内人は前回に引き続き澤村義男さん、平井猛さん、小野寺昭治さんでした。
今回は、縄文公園の東ムラから中央ムラへ向かう園路から休憩案内施設を下っていく所を調べ、縄文時代の話から現代につながる植物についてなど学びました。

●縄文人は色々な草を食べており、食物を採取する為に10里位歩いて行ったのではないか?
●マタタビの実はお酒に利用した。これは精力剤にもなるらしい。
●ガマズミの実はジュースとして現在も飲まれている。この近辺では、ガマズミのことを「ジョミ」と呼んでいる。
●山に行って喉が渇いたときは、マタタビやサルナシの枝を切って樹液を飲んでいた。

などなど今回も様々な情報や意見などがだされ、案内人・参加者ともに自然を満喫しながら学びました。

次回は、7月29日(日)の午前10時から開催されますので、御所野の自然や縄文時代について学びにいらっしゃいませんか!!

さあ、今日も植物について学びましょう! 休憩案内施設を下った道 こちらはガマズミの実。この辺りではジョミと呼びます。 こちらはマタタビ。お酒がおいしいらしい?!

手づくり体験「樹皮の花カゴ」

  • 2012/06/16

6月16日に、手づくり体験「樹皮の花カゴ」を行い、今回も定員を超える応募がありました。

材料はクルミの木の皮を使いました。クルミの樹皮が厚く扱いが 難しい、花カゴの底の部分を作ってから角を立ち上げる作業や縁を作る作業が難しい、などという声がありましたが、参加者の皆さんは最後まで丁寧に編んでい きました。カゴの表面に、木の皮の表側をだしたり、裏側を出したり皆さんそれぞれ趣向を凝らして作っていました。

どの作品もとても素敵に仕上がりましたね*^ー^*

さあ、頑張って花カゴを作りましょう!! 意外とクルミの樹皮の扱いが難しい・・・ 仕上げに、縁をつけます☆ とても素敵に出来ましたよ~*^^*


サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめ ご了承ください。