御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 2011年
  3. >
  4. 12月

最新情報

縄文里山づくり事業

  • 2011/12/21

縄文里山づくり事業の一環として、縄文の森で木の伐採を行っています。

この木は、竪穴住居をいぶす時に使っている薪にしたりします。“里山”とは縄文人の手によって、住みやすく作り変えられた森や川などのことをいいます。

このように少しずつ手を加えながら、どのように森が変わっていくかを調査します。

伐採作業中 ~秋の里山まつりの様子~ 縄文人は石斧を使って木を切っていました

手づくり体験 正月の飾りリース

  • 2011/12/18

公園もうっすら雪化粧した12月18日に手づくり体験「正月の飾りリース」が行われました。

今回もキャンセル待ちがでるほど人気の体験で、中には「御所野で作ったものを毎年使うと決めている」という方もいらっしゃいました。
ツルかワラの2種類から選んでリースを作っていきます。ワラの方は2人1組での作業となり、ワラをよっていくのが意外と難しい様子でした。
見本よりも豪華な出来映えに、参加者の皆さんはとても満足そうでした*^^*

ツルかワラの2種類から選べます ワラをよっていきます 20名の参加がありました 素敵なリースの完成!*^▽^*

「御所野遺跡世界遺産登録推進協議会」設立総会 ~御所野遺跡の世界遺産登録を目指して~

  • 2011/12/11

2015年に世界遺産登録を目指す御所野遺跡の世界遺産登録推進協議会の設立総会が、12月11日に一戸町コミュニティセンターにて開かれ、
約300名の町民の参加がありました。

まず初めに、「世界遺産を契機とした平泉の町づくり」と題して、岩手県立博物館 斎藤邦雄氏、古都平泉ガイドの会事務局長 関宮治良氏、中尊寺通りまちなみ整備検討会 作業部会員 遠藤セツ子氏を講師に迎え、鼎談を行いました。
記念アトラクションでは、一戸高等学校生徒による御所野遺跡をイメージした創作ダンス「華一」や、「根反鹿踊り」、一戸小学校金管バンドによる演奏などが披露され、会場を盛り上げました。
協議会の今後の活動としては、世界遺産登録に向けてのパンフレットの作製や、他の縄文遺跡群についての研修会、県や町が行う世界遺産登録推進事業への協力などを予定しています。

年会費は個人千円、団体三千円にて現在会員募集中です。

斎藤邦雄氏・関宮治良氏・遠藤セツ子氏 約300名の方にお越し頂きました 華麗な踊りを披露してくれました「華一」 一戸小学校金管バンド

竪穴住居の修復作業

  • 2011/12/01

6月から行っていた西ムラの竪穴住居の修復作業が終わりました。

前よりも頑丈になった竪穴住居ですが、雪をかぶって少し寒そうですね^^;

修復作業中・・・ 修復完了!


サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめ ご了承ください。