御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 2010年

最新情報

「土屋根住居の屋根たたき」開催

  • 2010/04/28

4月28日(水)「土屋根住居の屋根たたき」は、雨が降る中ボランティアの皆さんと当博物館の職員で行われました。

公園に復原している土屋根住居は、冬の間に凍結した土が春になると膨らみ、カスカスの状態になります。雨漏りなどを防ぐため、今の時期に屋根たたきを行います。
作業が終わった後は、ボランティア「御所野発掘友の会」の皆さんによる手づくり料理をご馳走になりました。 雨の中参加された皆さん、本当にお疲れ様でした☆

カスカスの状態になっている土屋根住居 この様に、木のたたき棒でバンバンたたきます 木のたたき棒は結構重く、重労働 これが、たたき終わった土屋根住居です。キレイ! ボランティア「御所野発掘友の会」の皆さんによる 手づくり昼食 ”みそもち”もご馳走になり、とてもおいしかったです

「春のクリーンデー」開催

  • 2010/04/18

4月18日(日)に行われた毎年恒例「春のクリーンデー」は、前日のミゾレで中止も危ぶまれましたが、約120名の方々に参加していただいてのクリーンデーでした。
前日の寒さがまだ残る中、ゴミ拾いや、枯れ草集めなど皆さん一生懸命公園の一斉清掃を行いました。清掃が終わった後は、ボランティア「御所野発掘友の会」の皆さんによる手づくり料理を食べながら、楽しい交流会を行いました。 参加された皆さん、本当にお疲れ様でした★

約120名の方々から参加して頂きました 後少しで・・・抜けるよ! きききのつり橋の下にある「水場遺構」も綺麗に清掃 清掃後のお楽しみ、昼食を兼ねての交流会 ボランティア「御所野発掘友の会」の皆さんによる 手づくり昼食 今日のメニューです。 おいしそう*^▼^*  いっただきま~す♪

盛岡市清水町の南昌荘にて「いちのへ いいもの いいくらし展」開催

  • 2010/03/14

一戸町地域おこし事業振興協議会は3月13・14日の二日間で「いちのへ いいもの いいくらし展」を開催しました。

出展は一戸紬(つむぎ)まゆ玉会や山井木工、そして当館などの8事業者で、一戸町の伝統工芸品などの展示販売を行いました。
当館では、盛岡女子高等学校 家政科の生徒達が授業の一環で縄文服を作成する指導やその取り組みの紹介を行いました。(完成した縄文服は下記の写真のとおりです。)
その他にはアンギン台を使ってコースターを作る「縄文編み」の体験、自然素材で作ったオリジナルストラップや藍染めカレンダーなどを紹介しました。

南昌荘の玄関を入ってすぐのところです 盛岡女子高 家政科の生徒が作った縄文服がお出迎え 当館の紹介や盛岡女子高の取り組みの 紹介など行いました アンギン台を使って縄文編みに挑戦!! 私達親子も挑戦します!!

一戸町婦協演芸大会

  • 2010/03/07

3月7日に一戸町コミュニティセンターにて、一戸町地域婦人団体協議会の皆さんによる演芸大会が開催されました。
たくさんの歌や踊りが披露される合間に、御所野遺跡ボランティアの折舘一男氏による講演「御所野遺跡 世界遺産登録へ」がありました。 会場には大勢の人が集まり、話を聞いていらっしゃいました。

一戸町婦協演芸大会 一戸町婦協演芸大会

世界遺産写真展 ―海外と日本の至宝 100の記憶― 学校巡回と講演会

  • 2010/03/02

奥中山中学校で2月16日から26日まで行った展示と、小鳥谷中学校で3月2日から12日まで開催中の展示の様子です。
小鳥谷中学校に行かれる方は、正面入り口のインターホンを押し、教職員の方を通してご覧ください。 なお、この写真展は4月以降も引き続き行うこととなりました。
場所や日程など詳細が決まりましたらHPに載せますので、展示をまだ見ていない方はどうぞ足を運んでみてください。

奥中山中学校です 教室のすぐ前に写真を並べました こちらは小鳥谷中学校です 日本のものは暫定リスト登載物件も含め、 全てを展示しています

平成21年度御所野遺跡調査成果発表会

  • 2010/02/20

御所野縄文博物館で開かれた平成21年度御所野遺跡調査成果発表会には、地域住民約80人が参加。嘱託研究員による今年度の調査研究成果を発表しました。
非常に中身の濃い発表内容で、御所野遺跡の価値を確認することができました。参加した住民もうなずく場面が多く、こういった機会を多く実施して欲しいという要望もありました。

主催者である一戸町教育委員会教育長からの挨拶です 沢山の方が参加し、熱心に聴いていました 第一発表者の菅野 紀子 発表内容「御所野遺跡の盛土遺構の調査について」 第二発表者の阿部 昭典 発表内容「御所野遺跡の石組炉の出現とその機能・ 用途について」 第三発表者の田中 孝尚 発表内容「縄文時代における人とクリとの関係について」 第四発表者の辻 圭子 発表内容「出土した植物種子や木材にもとづく植生復元 とその利用について」 第五発表者の石井 良 発表内容「石鏃(せきぞく)の形状から探る狩猟方法に ついて」 第六発表者の古田 陽久 発表内容「世界遺産登録の実現に向けた一戸町の まちづくり」

世界遺産写真展 ―海外と日本の至宝 100の記憶― 学校巡回と講演会

  • 2010/01/19

1月19日から29日まで一戸中学校、そのあと2月2日から10日まで鳥海小学校で展示を行いました。

2月4日には当館の館長による、世界遺産に関する講演 会が開かれました。鳥海小学校の全校生徒と地域の人々が参加し、世界遺産とは具体的にどういったものなのか、そして御所野遺跡が世界遺産登録を目指す根拠 について等の説明を受けました。 展示は残すところあと2会場となりました。
見に来てくださった皆さんが、御所野遺跡や世界遺産への理解を深めてくだされば幸いです。

鳥海小学校の展示の様子です 一般の方も見に来ています 講演会の様子です みんな一生懸命聞いていました 一戸中学校1階第一ホールです このように展示しました

5 / 512345

サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめご了承ください。