御所野縄文公園

  1. ホーム
  2. 2010年
  3. >
  4. 7月

最新情報

ワイワイ夏休みこども体験 御所野であそぼう!「化石をさがそう!」

  • 2010/07/28

7月28日、今年の夏休みこども体験第1弾「化石をさがそう!」には、40名(こども23名、保護者・スタッフ17名)が参加しました。

博物館で本物のアンモナイトや三葉虫などの化石を見た後、いよいよ化石を探しに出発!博物館近くの崖で、みんな川に入りながら化石を探しました。ここで見つかったのは今から約2,000万年前の植物の化石。こどもたち全員がちゃんと化石を見つけることができました。
とても暑い日でしたが、みんなよくがんばりました。楽しかったね☆

川守田浩先生より化石の説明を受けました 勇ましく化石を掘っている二人組 見て、こんなに大きな化石が!! カナヅチで余分なところをとって・・・ さあ、きれいにクリーニング 参加者全員でパチリ☆

葛巻町立江刈小学校へ出張体験

  • 2010/07/28

6月と本日の2回にわたり、葛巻町立江刈小学校へ土器作りの出張体験に行ってきました。

5・6年生13名で、6月に土器を作り、今日は乾燥させた土器の野焼きを行いました。 上手に出来た土器を前に生徒の皆さんはニッコリ!

野焼きをしている様子 「まだかな~」 上手に出来たでしょ!

縄文里山事業の達人について

  • 2010/07/24

縄文人が手をくわえて作った森や林を縄文里山といいます。木や草を切ったり、山菜や木の実を採ったり、動物や昆虫などをとったりと、縄文人の生活を楽しみながら再現するのが縄文里山事業です。

その活動のお手伝いをしていただくのが「縄文里山の達人」で、次の5名(1名欠席)を今回認定いたしました。平井猛さん(植物の達人)、欠端ナミさん(植物の達人)、中村昭一さん(木の細工達人)、三角義彦さん(虫探し達人)、柴田恵さん(カゴ作り達人)です。

認定式の様子 私達が「縄文里山の達人」です! 左から平井さん、中村さん、柴田さん、三角さん

みんなで歌おう!御所野遺跡世界遺産登録応援コンサート

  • 2010/07/24

7月24日にいちのへ文化・スポーツNPO・一戸町教育委員会主催による「御所野遺跡世界遺産登録応援コンサート」が開催されました。

東京近郊で活動しているT-WAVE合唱団によるミニコンサートには、大勢の観客が暑い中いらっしゃいました。「ふるさと」や「上を向いて歩こう」などおなじみの歌や、「野菜の気持ち」というユーモア溢れる歌もあり、とてもアットホームな雰囲気の中行われました。今回のコンサートは聴くだけではなく参加して歌おうということで、観客のみなさんは一緒に歌い、楽しんでいました。「御所野縄文讃歌」では合唱団と観客が一体となって歌いました。
大盛況に終わったミニコンサートですが、同日午後6時からは一戸町コミュニティセンターで本コンサートが行われました。 T-WAVE合唱団の皆さん、ありがとうございました!!

高浪晋一氏率いるT-WAVE合唱団 大勢聴きにいらした観客のみなさん ユーモア溢れる「野菜の気持ち」 「たのしいね」で小さく手をたたいている時の様子 皆さん楽しく歌っている様子 あおいちゃんから高浪晋一氏へ花束贈呈

はるばる御所野遺跡へ・・・

  • 2010/07/19

御所野縄文公園には毎年2万人以上の見学者が訪れます。

先日も、町内在住の友人に会うためにオーストラリアのシドニーから若い女性が訪れ、一緒に御所野遺跡を見学しました。

きききのつり橋を渡ると木の人形が 皆様をお出迎えします 御所野縄文公園の様子

翌日には、岡山県備前市から見学にいらっしゃっいました。
前日に岡山県を出発して盛岡に一泊、朝早く御所野遺跡に到着しました。その方は遺跡が好きで全国を回っているそうです。「市町村でこのような施設をもっているところはない。びっくりした!全国の県立博物館の中でも鹿児島県の上野原遺跡、新潟県立博物館(長岡市)なども素晴しいが、それに匹敵するほどの博物館だ。
設計関係の仕事をし、地方の施設を見学した中でも、『きききのつり橋』は素晴しい」と感想を述べていました。 この日は、岡山県から一戸町の御所野遺跡だけを見学しにいらっしゃったそうです。
ますます暑くなりますが、近くから遠方までいろんな世代の方が見学にいらっしゃいます。御所野遺跡や縄文文化について知りたい方、健康のためウォーキングされたい方、そして癒されたい方はぜひ御所野縄文公園や併設している博物館にお越し下さい。
お待ちしております!

きききのつり橋を下から撮影 珍客「山バド」現れる!

一戸中学校1学年総合的な学習の時間2

  • 2010/07/13

7月6日に続き、一戸町立一戸中学校 1学年の生徒達が縄文土器を作りました。

前回作った粘土を使い土器の形を作りました。そして作っておいたシナの木の繊維のよりひもを転がしたり文様をつけたりと、生徒一人一人いろんな趣向を凝らして作りました。
次回は作った土器の内側をみがきます。

1-1組の様子 1-1組の個性溢れる土器 1-2組のアイディアにとんだ土器 1-2組の様子

ひびけ!!縄文のおと 御所野の丘に~第2弾~

  • 2010/07/11

7月11日に“アイをはぐくむつどい”の主催による縄文太鼓作り 第2弾を行いました。

今回は太鼓の形作りです。始めに底を作り、粘土のひもをいくつも積み重ねて形を作りました。そして前回カラムシの繊維で作ったよりひも(縄目)を転がしたり、いろいろな形の文様をつけたりしました。個性溢れる縄文太鼓が完成し、皆さん喜んでいました。
次回は野焼きを行います。

皆さん、真剣に作っています ワタチたちも頑張って作るよ~^^ この文様をつけて・・・ うまく出来た~!ところをパチリ

一戸中学校1学年総合的な学習の時間

  • 2010/07/06

7月6日(火)に一戸町立一戸中学校 1学年の生徒達が御所野縄文博物館で縄文土器をテーマにした総合学習を行いました。

1クラスごとに別れ、「一戸と縄文文化」についての講義や公園内の清掃活動、縄文土器を作る為に必要な粘土作りを行いました。
まだ始まったばかりの縄文土器作りですが、今後は・・・土器を完成→土器の野焼き→土器作りについてのまとめや発表→実際に作った土器を使って調理に挑戦、の予定で進行するそうです。
これからが夏本番、生徒の皆さん頑張って!!

「一戸と縄文文化」の説明 第1展示室を真剣に見学中 暑い中、清掃活動を行いました これから縄文土器の粘土作りです 御所野から採れた粘土と砂と土で土器の粘土を作ります かなりこねないと固まらないよ~ 出来上がりは左上を!

手づくり体験「樹皮で作るストラップ」、 「ひびけ!!縄文のおと 御所野の丘に」

  • 2010/07/04

■手づくり体験「樹皮で作るストラップ」

7月4日に手づくり体験「樹皮で作るストラップ」を行いました。クルミの樹皮を使い、折り重ねてストラップを作りました。県内では中々購入できない樹皮のストラップを、皆さん真剣に体験していました。

皆さん、真剣に説明を聞いています クルミの樹皮を折り重ねている様子 出来たよ~ 完成した樹皮のストラップ!

■「ひびけ!!縄文のおと 御所野の丘に」

“アイをはぐくむつどい”の主催による縄文太鼓作りを行いました。4回の工程で作る縄文太鼓は、9月20日に御所野縄文公園内で行われる「アイをはぐくむつどいのコンサート」で演奏するためです。 初日は、土器に文様をつけるための縄作りから始めました。当博物館で育てているカラムシという植物を繊維からとりだし、よりひも(縄目)を皆さん楽しんで作りました。
次回は粘土で形作りを行います。

茎から表皮を取ります お引き金で表皮をそぎます こうやってよっていくんだよ うまく出来た~!


サイトマップ
リンク

お問い合わせ
〒028-5316 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 電話0195-32-2652 FAX0195-32-2992
E-mail goshono@town.ichinohe.iwate.jp

※ご注意※
● 御所野縄文公園のすべてのページの内容・画像等について、許可なく複製・再配布・転載しすることを禁じます。
● 当サイトのリンクはフリーです。リンク元のホームページの内容が、法令や公序良俗に反する場合などにはリンクの削除をお願いすることがありますので、あらかじめ ご了承ください。